武者絵

武者絵

刺青図柄の意味 釣鐘弁慶

滋賀県大津市の三井寺(長等山園城寺)に伝わる「弁慶の引き摺り鐘」の伝説に基づいた「釣鐘弁慶」について。
武者絵

刺青図柄の意味 俵藤太の大百足退治

源氏・平氏と並ぶ武家の棟梁として、多くの家系を輩出した藤原秀郷について
武者絵

刺青図柄の意味 将軍太郎良門

無念の最期を遂げた平将門。その遺児である平良門は一族再興と父の復讐のために名乗りを上げます。
武者絵

刺青図柄の意味 平将門

西日本と東日本では評価の分かれる平将門。菅原道真・崇徳院と並んで日本三大怨霊の一つに数えられます。
武者絵

刺青図柄の意味 五条大橋 牛若丸と武蔵坊弁慶の出逢い

刀千本狩りの目標を立てた弁慶が鞍馬天狗の秘伝を授かった義経に翻弄されます。
武者絵

刺青図柄の意味 金太郎 坂田金時

頼光四天王の一人 坂田金時について解説しています。(20.04.06 更新)
武者絵

刺青図柄の意味 楠木 多門丸 正行

軍事的能力を高く評価された武将という以外の歴史的人物像はあまりはっきりしない楠木正行ですが、伝説や創作では数々のエピソードが残されています。
武者絵

刺青図柄の意味 巴御前

木曽義仲の愛妾であり忠実な家臣でもあった女武者・巴御前。義仲が討たれる寸前まで義仲と行動を共にしました。
武者絵

刺青図柄の意味 犬村大角礼儀

曲亭馬琴作「里見八犬伝」に出てくる八犬士の一人。 寛正元年(1460年)に生まれ、父は下野の郷士赤岩一角、母は正香。 幼名は角太郎。仁義八行の数珠の玉の一つ・礼の玉を持つ。
武者絵

刺青絵柄の意味 神功皇后

伝統刺青において女武者といえば、巴御前の他には神功皇后でしょう。
武者絵

刺青図柄の意味 猪早太の鵺退治

平安貴族を悩ませた物の怪・鵺。頼政が射抜いた怪物を猪早太が短刀「骨食」で留めを刺します。 伝統刺青でも人気の絵柄です。
武者絵

刺青図柄の意味 和藤内の虎退治

台湾で今でも「三人の国神」の一人に数えられる鄭成功(ていせいこう)をモデルにした和藤内。怪力で人喰い虎をねじ伏せます。
武者絵

刺青図柄の意味 加藤清正の虎退治

長烏帽子形兜と蛇の目紋がトレードマーク。身長190cmの大男だったと言われる。 勇猛果敢で知られ、肥後の虎と恐れられた。名城と言われる熊本城の築城主としても有名。
武者絵

刺青図柄の意味 渡辺綱

頼光四天王筆頭 渡辺綱について解説しています。19.09.22更新
武者絵

刺青図柄の意味 源頼光 大江山の鬼退治

京の町を荒らし回る酒呑童子とその一味。渡辺綱・坂田金時などを率いた源頼光が討伐に大江山へ向かいます。
武者絵

刺青図柄の意味 清水冠者義高

鼠の妖術を手に入れた義高は父の無念を晴らすために源頼朝への復讐を誓います。(19.8.26更新)
武者絵

刺青図柄の意味 源頼政の鵺退治

弓の達人であったと同時に歌人としても名を馳せた源頼政。勅命を受けて鵺を退治します。
武者絵

刺青図柄の意味 源 鎮西八郎 為朝

曲亭馬琴もその生涯を描いた、源為朝(みなもとのためとも)について。朝敵として追われながらも武勇伝や伝説を数多く残しました。
武者絵

刺青図柄の意味 遠藤盛遠 (文覚上人) 「恋塚」

後の文覚上人、遠藤盛遠の話です。
武者絵

刺青図柄の意味 山本勘助

武田二十四将 武田五名臣に数えられ、軍師として名を馳せた山本勘助。実在する事が確認された現在でもその生涯は謎に包まれている。
武者絵

刺青図柄の意味 悪源太義平

鎌倉悪源太と呼ばれた源氏きっての若き猛将・義平。その死に方も猛々しいものでした。19.5.28 更新
武者絵

刺青図柄の意味 鬼若丸の化け鯉退治

武蔵坊弁慶 幼少時代の鬼若丸。稚児として預けられた比叡山延暦寺でも暴れまわります。
武者絵

刺青図柄の意味 上総介広常 九尾の狐伝説その二

安倍泰親によって企みが暴かれた九尾の狐。京から逃げて17年後、決戦の時がやって来ます。
武者絵

刺青図柄の意味 木曽 駒若丸(駒王丸) 義仲

頼朝義経兄弟と共に平家打倒に立ち上がった源義仲について解説しています。
武者絵

刺青図柄の意味 平知盛

「平家に非ざれば人に非ず」と謳われ貴族化して没落していく平家にあって、平家最後の武将と言われ、最期まで武士の矜持を貫いた中納言知盛について。
武者絵

刺青図柄の意味 船弁慶

頼朝に謀反の疑いをかけられ放浪の旅に出る義経・弁慶一行の説話に取材した「船弁慶」です。
手彫り刺青作品

刺青図柄の意味 武蔵坊弁慶

悲劇の英雄・義経に最後まで従った忠実な郎党・武蔵坊弁慶の解説です。
武者絵

刺青図柄の意味 牛若丸

源九郎義経 幼名 牛若丸の図柄解説。
タイトルとURLをコピーしました