大桑神社

拝殿向拝 茨城県

令和二年新年寺社巡り。茨城県結城市の大桑神社に参拝しました。

大桑神社鳥居

由緒

和銅年(708−715)現在の大水川原に創建
享保八年(1723)洪水により社殿流出
延享二年(1745)現在地に再建
南向き

大桑神社由緒書き

拝殿

大桑神社拝殿

拝殿向拝。水引虹梁には見事な 、兎の毛通しには 唐獅子牡丹 の彫り物がありました。う〜ん、鳥よけの金網が。。。仕方ないですが。

拝殿向拝

覆屋

覆屋には波板が貼られていました。雨避けだったら上部を覆わなければいけないと思うのですが。。。これじゃあ、雨が降り込んでしまいますね。という事はこれは雨避けではなく人避けか。

大桑神社覆屋

本殿

大桑神社本殿

本殿西面

胴羽目。これは猩々ではないかな、と思います。由緒書きとは別に結城市教育委員会の案内板があったのですが、それには「光子甕割」とありました。司馬温公の甕割りの事かな?何にせよ、少なくともこの甕は割れてませんね。それから髪型が唐子っぽくなく、猩々によくある様な長髪なので猩々なのだろうと思うのです。が、まあこれは素人の私が間違っているのだと思います。

西面胴羽目

妻の二重虹梁には雷神と邪鬼の獅噛がありました。

西面妻二重虹梁

こちら↓は 東石清水八幡神社 の向拝の邪鬼獅噛。似てる様な気がするけど、こちらの彫師もはっきり分かってない様です。

東石清水八幡神社向拝獅噛

脇障子は林和靖。梅がないけど。

西側脇障子

本殿背面

胴羽目。これは天岩戸ですね。

背面胴羽目

本殿東面

胴羽目は虎渓三笑。

東面胴羽目

二重虹梁にはこちらも邪鬼獅噛。多分、風神がいたのでしょうけど、欠損していました。

東面妻二重虹梁

脇障子は李白観瀑。

東側脇障子

中々手強い神社でした。

刺青師・龍元

016

コメント

タイトルとURLをコピーしました