刺青師・ 龍元

神社仏閣

日本の神話 [諏訪神社] 群馬県

計四点ある胴羽目には日本神話に取材した見事な彫刻が施されていました。
神社仏閣

文化財的価値のある歴史的建造物 [井堤神社] 群馬県

老朽化のために改築が検討されていたそうですが、文化財的価値のある歴史的建造物だという事が専門家の調査で明らかになり、改修して大切に保存する方向で協議を始めたそうです。
神社仏閣

榛名山榛名神社の御神霊をいただいた [榛名神社] 群馬県

榛名山榛名神社の御神霊をいただき当地の総鎮守として祭祀し火伏の神として又子供育成の神として崇敬され霊験あらたかなり(境内案内板より抜粋)
神社仏閣

大波小波がザンブラコ [東向八幡宮] 群馬県

文明六年(1474)石清八幡宮の分霊を勧請  元禄五年(1692)現本殿造営  昭和六十二年(1987)現幣殿拝殿造営  御祭神 品陀和気命
神社仏閣

難解画題解明の糸口になるかも 第二弾 [天台宗法峰寺 山王堂] 群馬県

胴羽目三面で孔子と子路の物語を表している、と見当をつけていますが、なかなか画題解明には至りません。
神社仏閣

かつては眩かっただろう寂れた彩色彫刻 [とある神社 其の五] 関東

画題に統一感が無いのが難と言えば難ですが 彫刻の完成度が高く 彩色の寂れ具合も良い感じで 素晴らしい神社です。 追記あり(2024.07.06)
神社仏閣

唐子がたくさんいる社 [天満宮] 埼玉県

具が顔の中心集まった 味のある表情の造形が印象的な唐子が25人もいます。
神社仏閣

力神さまが護る社 [八坂神社] 埼玉県

誰かにスライスされてしまったかの様に見える彫刻が気になる神社です。
神社仏閣

後藤義光作の優美な彫刻で飾られた社殿 [山下家の諏訪神社 幸手市郷土資料館] 埼玉県

これ以上は無い位に立派な覆屋で、人の管理もあり、すぐ間近で鑑賞する事も出来ます。こんな感じで末長く保って貰えれば良いのかも知れないと思いました。
神社仏閣

東都・後藤安吾良常善の彫り物 [昌福寺 不動堂] 千葉県

関宿江戸町の不動院が廃寺になった事で、曳家工法で移設されました。彫師・後藤安吾良常善の見事な彫り物を間近で鑑賞する事ができます。
神社仏閣

鑑賞難易度が非常に高い社殿 [鷲香取神社] 茨城県

透き塀の中にある覆屋が柵にになっているので、寺社彫刻探求道最終奥義を使わないと鑑賞が難しい神社です。
神社仏閣

見事な彫り物で飾られた御本殿が崩壊寸前 [香取神社] 茨城県

仲哀天皇が崩御した後、お腹に子を宿したまま 新羅に出兵した 神功皇后。お腹に石を巻いて 出産を遅らせたと言います。龍宮より献上された満珠と干珠を使って三韓を征討した後 帰国。筑紫の地で 皇子を出産します。皇子の二人の異母兄・麛坂皇子と忍熊皇子は、次の皇位が幼い皇子に決まることを恐れて 凱旋する皇后軍を迎撃しようとしましたが、武内宿禰の策略により 畿内での戦いで勝利、そのまま都に凱旋します。
神社仏閣

一言の祈願をも徒に過すべからず [一言主神社] 茨城県

一度の参拝であっても無駄にせず、一言の祈願であってもなにもせず打ち捨てることはしないと言われる一言主神社に参拝しました。
神社仏閣

双龍と八人の孝子 [神田山延命院 不動堂と観音堂] 茨城県

宝永七年(1710)建立といわれる観音堂には 二十四孝から八人の孝子が彫られていました。
神社仏閣

節穴と板の隙間から [日枝神社] 群馬県

完全密閉覆屋ですが、節穴や僅かな板の隙間から、中を窺う事ができました。
神社仏閣

後藤縫之助の大江山伝説 [別雷神社] 茨城県

御本殿が常総市指定有形文化財(建造物)に指定されています。当代きっての名工と呼び名の高かった後藤縫之助の手による見事な彫刻群を鑑賞する事ができます。
神社仏閣

左右面は外から窺う事が困難 [富士浅間神社] 埼玉県

右面には中国古典劇目から題材を取った収周倉、左面には金龍周武王を護る、背面には蕭史と弄玉を表した胴羽目がありますが、右面左面は外から窺う事は困難です。
神社仏閣

仙人が彫られた御本殿 [六所神社] 埼玉県

見事な彫刻で飾られた御本殿。向拝柱・海老虹梁には龍、胴羽目・脇障子には上元夫人や黄安仙人・張果老・李鉄拐などの仙人が彫られています。
神社仏閣

旧鎌倉街道沿いの歴史あるお寺 [真言宗豊山派 遊石山観音院 新光寺] 埼玉県

現在は門の前で途切れていますが、旧鎌倉街道が目の前を通っていて、源頼朝が那須野へ鷹狩に向かう途中に立ち寄ったり、新田義貞が鎌倉攻めの際に戦勝祈願をしたりなど、歴史のあるお寺です。
神社仏閣

目の表情が生々しい [東光寺金毘羅宮] 埼玉県

郭巨は極貧に喘いでいた。 年老いた母を養う為に 口減らしに我が子を埋めようとした。 選択肢は無かった。 子供を埋めるための穴を掘った。 金塊が出て来た。 郭巨は孝行心に感じた天が 我に与えた物であると勝手な解釈をした。 未遂とはいえ 殺人計画に着手した上に 遺失物横領の罪を重ね 以降一家は幸せに暮らせたのだろうか。