手彫り

手彫り刺青作品

[雲龍九郎 背中額彫り] 仕上がりました

龍に跨り空を駆け巡る謎の妖術師・雲龍九郎の背中額彫りがついに完成しました
手彫り刺青作品

総手彫り刺青 [外法の梯子剃り]

すじ彫りからぼかしまで全てを手で仕上げる古来伝統の総手彫りで、大津絵十種の一つ「外法の梯子剃り」を仕上げました。
刺青道具

鼈甲と手彫りの刺し棒

友人にタイマイの甲羅を頂いたので、手彫りの刺し棒の飾りに使ってみました。
手彫り刺青作品

[麒麟] 肩額七分袖仕上がりました!

神聖な幻の霊獣・麒麟。体は鹿に似て、頭は龍に似ると云われます。王が仁のある政治を行うときに現れ、鳳凰、霊亀、応竜と共に「四霊」と総称されています。
手彫り刺青作品

[緋鯉と蒼鯉] 半ズボン

半ズボンの前側に赤と青の鯉が入りました。
手彫り刺青作品

[緋鯉と蒼鯉] 肩額五部袖

赤い色の鯉と蒼い色の鯉 緋鯉と蒼鯉の肩額五分袖が仕上がりました
手彫り刺青作品

[菊水] 肩額五分袖

肩額五分袖の菊水が仕上がりました S君はもう十年来のお客さん 背中には額彫りで龍と菊が入っています ゆっくりペースのS君ですが やり遂げました 時間が掛かっても仕上がれば良い...
手彫り刺青作品

手の平サイズの [総手彫り 般若面]

すじ彫りからぼかし、色入れまでを全て手で仕上げる総手彫りで般若面を仕上げました。下絵も手描きで、世界に一つの般若面です。動画あり。
神社仏閣

ボウズ on 坊主! [百万度神社(春日神社境内社)] 茨城県

荒れた覆屋に納められた御本殿の胴羽目には花札のボウズを連想させる、波に沈む太陽の彫り物がありました。
手彫り刺青作品

[孫悟空 対 羅刹女] 肩額長袖

天上界で狼藉の限りを尽くし追放された孫悟空。改心して三蔵法師の弟子になり、天竺へ向かう悟空に、芭蕉扇を構えた羅刹女が立ちはだかります。
手彫り刺青作品

肩額七分袖 墨一色 [鯉の滝登り] 完成しました

スジは手描きの機械彫り、ボカシは手彫りの鯉の滝登りが仕上がりました。
手彫り刺青作品

背中額彫り [弁財天と龍] ついに完成!

画竜点睛、ついに龍に目を入れて、迫力の弁財天と龍が仕上がりました。
手彫り刺青作品

龍に乗った雷さまがついに完成! [騎龍雷神] 背中額彫り

痛みに耐え、まるで死体の様に動かなかったF君の背中・騎龍雷神額彫りがついに仕上がりました。
手彫り刺青作品

背中額彫り [弁財天と龍] もうすぐ完成!

画竜点睛、龍が飛んで行ってしまうといけないので、龍の目玉は最後に入れようと思ってます。
手彫り刺青作品

[蛇と般若と牡丹] 肩額長袖

左肩額長袖 [蛇と牡丹と般若] が完成しました。
手彫り刺青作品

ついに完成! [背中額彫り 昇り龍]

背中額彫り昇り龍がついに仕上がりました!スジはマシン、ボカシは手彫りです。
手彫り刺青作品

手彫り[騎龍雷神図] 背中額彫り 手彫りはマシンに比べて痛みが楽なんです!

手彫りはハネ突き・イモ突きの二種類あり、力加減で色の濃淡に変化をつける事ができます。これと二種類の濃さの墨を組み合わせて、手彫りならではの無段階の濃淡を表現する事が出来ます。
手彫り刺青作品

背中額彫り 龍 進行中!のその後

約1年前の記事 ではいよいよ佳境に入った、と書きましたが、直後から日本で広がり始めた covid-19 の影響でしばらく休んでいたM君。 最近再開して、色を入れる段階になっています。あと何回かで背中が終わるので、次は両腕に...
手彫り刺青作品

仕上がりました! [亡霊知盛 船弁慶より] 肩額七分袖

弁慶・静御前 など忠実な従者と共に心細い流浪の旅を続ける 義経主従。船で西国に向かう途中、にわかに海が荒れ、一行に襲いかかって来たのは、滅ぼした平知盛ら平家一門の亡霊だった。
刺青道具

新しい手彫りの刺し棒

手彫り用の刺し棒を作りました
タイトルとURLをコピーしました