手彫り[騎龍雷神図] 背中額彫り 手彫りはマシンに比べて痛みが楽なんです!

騎龍雷神図下書き 手彫り刺青作品
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の技術である手彫りの継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

手彫りというと皆さん痛いと思われる様ですが、実はマシン彫りに比べて痛みが楽だという事はウィキペディアにも載っています。

気になる所用時間ですが、マシンと比べて早いとは言いませんが、特別遅いという事はありません。もちろん、これはボカシ(色入れの事)についてです。手彫りのスジ彫り(アウトラインの事)はマシンには到底かないません。絵柄によりますが、2〜3倍の時間が掛かります。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

大きい三角クリックで動画再生
左右小三角クリック
またはスワイプで次の動画

サクッサクッと音がするのがハネ突きと言って、色が濃く入ります。音がしないのがイモ突き、力加減で色の濃淡に変化をつける事ができます。これと二種類の濃さの墨を組み合わせて、手彫りならではの無段階の濃淡を表現する事が出来ます。


このお客さんはスジをマシン、ボカシを手彫りでという注文です。スジの太彫りも手彫りです。

騎龍雷神図
騎龍雷神図
騎龍雷神図

現在、ボカシ6時間です。

騎龍雷神図

こんな道具で彫ります。墨は本墨と薄墨の二種類。

手彫り道具

手彫り針、マシン針、墨、インクカップ、グローブなどは全て使い捨て。その他触れるものはプラスチックフィルムで覆い、顧客毎に交換、殺菌消毒しています。

完成が楽しみです。

刺青師・龍元

タイトルとURLをコピーしました