大雷神社

大雷神社扁額 神社仏閣

令和二年四月吉日、埼玉県東松山市の大雷神社に参拝しました。

大雷神社鳥居
大雷神社拝殿

由緒

貞観元年(859)創建
慶応元年(1866)現社殿再建
御祭神 大雷命(おおいかずちのみこと)
別名 水分神社
彫師 飯田岩次郎
南向き


拝殿

木鼻には定番中の定番の獅子、水引虹梁上には、兎毛通しには鶴ですね。シンプルな向拝です。

拝殿向拝

社号額は見事なの彫り物で飾られていました。

大雷神社扁額

下のの鱗が変わっています。

大雷神社扁額

横瀬町の中郷諏訪神社の向拝柱にも同じ形の鱗のがいましたが、そうやって見るとの顔も似ています。同じ彫師なのでしょうか?

向拝柱
中郷諏訪神社の向拝柱

御本殿

裏へまわると覆屋に守られた御本殿があります。

覆屋

がっちりと隙間の無い覆屋の窓には曇りガラスがはまっていましたが、師匠に教わった秘伝の呪文を唱えると中を鑑賞する事が出来ました。

覆屋窓

胴羽目・腰羽目・脇障子・海老虹梁・向拝柱その他、地紋彫りもぎっしり、彫り物満載の非常に保存状態の良い御本殿がありました。

御本殿左面
本殿海老虹梁

胴羽目

向かって左面は「黄石公と張遼」。靴と引き換えに兵法書を渡そうとしてしまっていますが、本当の徒弟制度はこんなに楽ではありません。

左面胴羽目

師匠によると、左から張飛・劉備・関羽で、三国志の「桃源の誓い」だそうです。三国志は難しい。

背面胴羽目

右面は「許由と巣父」。帝に地位を譲ると言われ、耳が穢れたと言って川へ耳を洗いに行った潔癖性の許由と、それを聞いて、穢れた耳を洗った水を牛に飲ませる訳にいかないと変人比べをする巣父。

右面胴羽目

私は宮彫り巡りの師匠に、靴を拾うどころか何もした事がないのに、奥義や秘伝を授かってしまっています。感謝とともに恐縮至極です。

刺青師・龍元

066

コメント

タイトルとURLをコピーしました