三輪神社

三輪神社

令和二年六月吉日、三輪神社に参拝しました。

三輪神社鳥居
三輪神社拝殿
目次

御由緒

元和年間(1615−23)江戸川が掘られて区域が分断された為、当地に分祀された
御祭神
大己貴命(おおなむちのみこと)
少彦名命(すくなひこなのみこと)


参拝を済ませて裏へ周ります。

三輪神社御本殿

向拝はあっさりとしていますね。

三輪神社御本殿

水引虹梁上にはの彫り物。

向拝の龍

御本殿左面。

三輪神社御本殿左面

胴羽目には「唐獅子牡丹」が彫られていました。

唐獅子牡丹

大瓶束には「邪鬼獅噛み」。

獅噛み

脇障子は両側とも欠損でした。裏面には胴羽目はなかったので、右側に周ります。

三輪神社御本殿

龍はどちらかというとこちらの角度が好きですが、出来れば正面からも見たいところですね。

向拝の龍

御本殿右面。

三輪神社御本殿右面

なぜ唐獅子の反対側が鶴なんだろう、と思って良く見ると亀も彫られています。なのでこちらは「鶴亀」。どちらにしてもなぜ鶴亀と唐獅子なんだろうという疑問は残ります。

松鶴

こちらも大瓶束には邪鬼獅噛み。

邪鬼獅噛み

社殿は綺麗に掃除されていて、日当たりの良い開放的な神社でした。

刺青師・龍元

124