八條八幡神社

八條八幡神社

令和二年六月吉日、埼玉県の八條八幡神社に参拝しました。

八條八幡神社鳥居
八條八幡神社拝殿

御由緒

宝徳元年(1449)勧請
明治二十四年(1891)本殿再建
御祭神
誉田訳命(ほんだわけのみこと)
大己貴命(おおなむちのみこと)
須佐之男命(すさのおのみこと)

御本殿

向拝

蝦虹梁はあっさりとしていて向拝柱に龍。埼玉県東部から千葉西部にはこのタイプが多い気がします。

八條八幡神社御本殿

水引虹梁上には琴を奏でる玉巵。

向拝中備 玉巵弾琴
八條八幡神社御本殿

目玉は最近塗られたのでしょうか。金色に輝いています。

向拝中備 玉巵弾琴

右面

側面が4分割された、ここら辺に多いタイプですね。

八條八幡神社右面

案内板によると、大日本帝国憲法発布式。画題が明治の物というのは珍しいですね。

大日本帝国憲法発布式

髭を蓄えていて立派です。

大日本帝国憲法発布式

脇障子は神功皇后

右側脇障子 神功皇后

背面には胴羽目はありませんでした。

左面

八條八幡神社左面

こちらは案内板によると帝国議会の様子。こちらにも立派な髭の方々が。。。

帝国議会の様子

私は若い頃からずっと髭を生やしていますが、最近の人はあまり生やしたがらない様ですね。

帝国議会の様子

脇障子は応神天皇を抱く武内宿禰

左側脇障子 武内宿禰

御本殿はこんな感じの覆屋に護られています。

八條八幡神社社殿

念のため、遠くから妻飾りを撮ると二重虹梁間にも明治の様子が彫られていました。

八條八幡神社妻飾り

こんなもの見つけたら、もっとちゃんとした写真を何枚も撮ってる筈なんですが、これ一枚だけでした。

現場でここに彫り物があるのを確認した事は覚えているんですが。この日、ここは七社目でちょっと集中力が途切れていたのかな。

刺青師・龍元

123