葺不合神社(ふきあえずじんじゃ)

葺不合神社(ふきあえずじんじゃ)

令和二年六月吉日、葺不合神社に参拝しました。

中々の難読社名ですね。これは御祭神の鸕鶿草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)から来ているのだと思います。

鸕鶿草葺不合尊というのは豊玉姫と山幸彦の子供で、神武天皇の父です。知っていた様に書いてますが、Wikipedia教授に今日教わりました。

葺不合神社鳥居

ずいぶん立派な拝殿だと思ったら、元々は厳島神社の御本殿だったそうです。

葺不合神社拝殿

御由緒

奈良時代(710−794)葺不合神社創建
文治二年(1186)厳島神社創建
江戸時代中期 厳島神社本殿(現拝殿)再建
明治三十年(1897)葺不合神社として現本殿建築
明治三十九年(1906)近隣三社を合祀すると共に、近隣に鎮座していた葺不合神社の社殿を本殿として現地へ移築(曳き家されたそうです)、旧厳島神社の本殿を拝殿として、社名を葺不合神社と変更
御祭神 鸕鶿草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)
彫師 二代後藤藤太郎

ちょっと複雑なので詳しくは案内板を見てください。多分上の解釈であってると思います。

御本殿

拝殿の後ろ、ちょっと上った所に御本殿が鎮座しています。立派な社叢です。

葺不合神社社殿

覆屋は近代的で趣は無いですが、彫刻の保護と鑑賞の両側から考えて、かなり合理的な造りだと思います。

葺不合神社御本殿覆屋
葺不合神社御本殿

向拝

葺不合神社御本殿正面

向拝のは目がくり貫かれていて、ちょっと怖い。

葺不合神社御本殿向拝

扉には神宮皇后武内宿禰。「応神天皇誕生」ですね。脇板には珍しい事に亀がいました。

御本殿扉 応神天皇誕生

向拝柱の龍も目がくり貫かれていました。

葺不合神社向拝柱 龍

右面

葺不合神社御本殿

胴羽目は「須佐之男命の大蛇退治」。今にも大蛇の断末魔の叫びが聞こえてきそうですね。

須佐之男命大蛇退治

小技が効いてるというか、爪の表現も秀逸です。でも彫りは割と粗い気がします。

龍の爪

縁下の彫り物。ここにも亀がいました。

葺不合神社御本殿縁下

案内板によるとこれは「明治の軍人」だそうです。八條八幡神社にも明治の様子を描いた彫り物がありましたが、激レアだと思います。

葺不合神社御本殿脇障子

背面

葺不合神社御本殿

胴羽目は「天岩戸」。猿田彦がピノキオみたいです。本当はこの場に猿田彦は居ない筈なんですけど、寺社彫刻では割と描かれる事が多いみたいですね。

天岩戸

縁下の彫り物。

葺不合神社御本殿背面縁下

左面

葺不合神社御本殿

胴羽目は「神武東征」。道臣命(みちのおみのみこと)が八咫烏(やたがらす)に導かれる場面です。でもこの場にいない筈の神武天皇かも知れません。

神武東征

縁下の彫り物。

葺不合神社御本殿縁下

こちらの脇障子も「明治の軍人」。

葺不合神社御本殿脇障子

時代が下ると段々技巧的になってしまって、小技がワザとらしくなってしまうと感じているのですが、この頃がギリギリですかね。

もちろん素人の私個人の感想です。

刺青師・龍元

135