刺青図柄の意味 武内宿禰

刺青図柄の意味 武内宿禰

武内宿禰(たけうちのすくね)

景行天皇14年(西暦84)−没年不詳

日本書紀では武内宿禰、古事記では建内宿禰、他文献では建内足尼とも表される。景行・成務・仲哀・応神・仁徳の五朝に仕えたとされる伝説の忠臣。紀氏・巨勢氏・平群氏・葛城氏・蘇我氏など中央有力豪族の祖とされる。

仲哀天皇亡き後、神の託宣を受け神功皇后に従い、神功皇后と生まれたばかりの誉田別命(応神天皇)を守っていた。

応神天皇を抱く武内宿禰と神功皇后
応神天皇を抱く武内宿禰と神功皇后
長野県 武水別神社 奉納画

日本書紀や古事記では神功皇后が神託を降ろし、武内宿禰がその神審者(さにわ)として神事をする様子が描かれている。

信仰

文献によって280歳から360歳まで、考えられない程の長寿の為、長寿の神とされ神社などに御祭神として祀られる。実際には何世代にも渡る世襲制の役職名であったとする説が有力。

武内宿禰 宝珠を得るの図

武内宿禰 宝珠を得る
武内宿禰 宝珠を得るの図

海の神・安曇磯良(あずみのいそら)から「干珠」「満珠」を授かり、潮を自在に操って神功皇后の三韓出兵を勝利に導いたという伝説が残されている。

刺青師・龍元