名工岸亦八の妙技が光る!龍ヶ谷熊野神社

龍ヶ谷熊野神社 二の鳥居 神社仏閣
龍ヶ谷熊野神社 二の鳥居

平成三十年十二月吉日、外弟子の彫鈴と埼玉越生の龍ヶ谷熊野神社を訪ねました。令和元年七月にも再訪しているので、写真は混ざっています。

いい具合に歴史を感じさせる雰囲気です。龍穏寺山門の隣にあります。東向きの神社です。彫師は名工・岸又八。

一の鳥居

一の鳥居をくぐると奥に社殿が見えて来ます。

社殿
龍ヶ谷熊野神社 二の鳥居

由緒

明応元年(1492)紀州熊野本宮より分霊
天保十五年(1844)社殿再建
御祭神
伊弉冉尊(いざなみのみこと)
速玉乃男命(はやたまのおのみこと)
事解乃男命(ことさかのおのみこと)

一応、本などでは御祭神は上記の三柱なんですが、神社の検索サイト「八百万の神」では熊野権現となっています。神仏習合の結果、仏が神の姿で民の前に現れるのが権現です。ここは元々隣の龍隠寺の境内社だったので、そんな事もあるのかも知れません。

が、龍ヶ谷地域活性化推進の会の案内板には 須佐之男命 となっています。どういう事なんでしょう。

龍ヶ谷地域活性化推進の会の案内板

普通だったら、現地の案内板が優先なんですが、この案内板、酒井抱一の「抱」の字の手偏がサンズイになっちゃってます。どうも誤字は信憑性を損ないますね。それから「天保十五年創建」と書いてあるけど、ここにはもう一つ越生町教育委員会の案内板があって、それには「天保十五年再建」となっています。

越生町教育委員会の案内板

活性化推進委員会の案内板の方が後に作られた様ですが、何か主義主張の違いでもあるのでしょうか。それともこれも誤植って事ですかね。

熊野権現でググってみると更に訳が分からなくなったので、もうこれ以上この問題を深掘りするのはやめます。彫刻が興味のメインですから。

拝殿

龍ヶ谷熊野神社社殿

向拝

向拝虹梁上には 牛若丸 がありました。

牛若丸 天狗に兵法を授かる

木鼻には 獅子

獅子木鼻

凛々しい獅子ですね。

獅子木鼻

拝殿扉

扉には仙人が彫ってありますが、鶴に乗った王子喬くらいしか分かるものはありません。

社殿扉

〜追記(2020.02.24)左端のは巻物を持っているので王子喬ではなく、費長房ですね。控鶴仙人ともいう様です。追記終わり〜

〜追記 (2020.08.06)左から費長房(ひちょうぼう)・武志士(ぶしし)・東方朔(とうほうさく)・王子喬(おうしきょう)の様です。追記終わり〜

本殿

本殿
本殿

胴羽目

題材不明。〜追記19.07.18 武内宿禰 宝珠を得る の様です 追記終わり〜

北側胴羽目

これも題材は不明。「鬼女と侍」といえば 渡辺綱 か平維茂が思い浮かびますが、ちょっと違いますね。侍が手に持っているのは鏡でしょうか?で、鬼女の正体を暴く、とすれば平維茂の紅葉狩りかなと思うんですが、紅葉がありません。

南側胴羽目

〜追記(2020.02.24)これは天児家根命の様です。北斎の資料を漁っていたら、これの下絵と思われる絵を発見しました。

天児家根命

鬼女は「大蛇の再生 磐永姫」とありますが、具体的な話はいずれ調べようと思います。追記終わり〜

天の岩戸。天照が岩戸に隠れてしまった時に、外で天鈿女命が楽しそうに踊り、気になった天照が岩戸を少し開けて隙間から覗こうとした所を、手力雄がすかさず岩戸を放り投げる、というお話です。

天の岩戸

天照大神(あまてらすおおかみ)

天照大神

天手力雄神(あめのたじからおのかみ)

手力男命

天鈿女命(あめのうずめのみこと)

天宇受売命

天照と手力雄は彫った事があるのですが、いつか、踊り狂う天鈿女命を背中に大きく彫ってみたいですね。

脇障子

南側脇障子表側。馬がいないけど、黄石公と張遼かなぁ。

黄石公と張遼

南側脇障子裏側。馬が彫られています。これは黄石公の馬かも。

北側脇障子表。韓信の股くぐり。

韓信の股くぐり

北側脇障子裏側。これは表側の韓信が股をくぐった人かも。

なかなか凝った演出ですね。

縁下隅持送り

波で を表現。

縁下隅持送り

縁下の象鼻。波で 獅子 を表現。この手法は最近、刺青でも流行っていますね。

縁下隅持送り
縁下隅持送り

すごく気持ちの良い、雰囲気のある神社でした。

刺青師・龍元

コメント

タイトルとURLをコピーしました