雷電神社総本宮

雷電神社総本宮御本殿背面 群馬県

令和二年四月吉日、群馬県板倉町の雷電神社に参拝しました。

ここは3年くらい前にも来たのですが、それから2年近く経ってから記事にしようとしたら、他所の神社と写真がごっちゃになってしまったので、再訪しました。

雷電神社総本宮二の鳥居

由緒

千四百年前、聖徳太子によって創建される
文政二年(1819)現拝殿造営
天保六年(1835)現本殿造営
彫師 花輪住二代石原常八
本社 県指定文化財
御祭神
火雷大神(ほのいかづちのおおかみ)
大雷大神(おおいかづちのおおかみ)
別雷大神(わけいかづちのおおかみ)
菅原道眞公(すがわらみちざねこう)
南向き

御本殿

塀が目の覚める様な紅色に塗られています。

雷電神社総本宮御本殿

東面

胴羽目二枚と縁下には唐子シリーズから闘犬と凧揚げ。その下は犀です。

雷電神社総本宮御本殿東面

左側の胴羽目は彦火火出見命。いわゆる山幸彦ですね。龍宮から帰る時には鰐鮫に乗ります。送りに来ているのは豊玉姫命。彩色が随分落ちてしまってますね。

彦火火出見命

右側の胴羽目は牛若丸ですかね。右の人物は天狗らしくないですけど。

牛若丸

背面

胴羽目は二枚で干珠と満珠になってます。縁下は唐子の漁りと喧嘩。

雷電神社総本宮御本殿背面

宝珠を持ってきた安曇磯良。

安曇磯良

宝珠を受け取る武内宿禰神功皇后。千葉の下総野田愛宕神社 ではこの二枚の間になぜか玉巵弾琴が挟まっていました。ちなみに彫師は同じ石原常八。向こうは推定のようです。

武内宿禰と神功皇后

西面

こちらも胴羽目は二枚。縁下には唐子の重陽と獅子舞。

雷電神社総本宮御本殿西面

左側は玉巵弾琴。

玉巵弾琴

右側胴羽目は須佐之男命の八岐大蛇退治

素戔嗚尊

御本殿正面の妻にはひっそりと唐獅子がいました。

唐獅子

奥宮

本社御本殿の後ろには奥宮がありました。

雷電神社奥宮

向拝水引虹梁上には蕭子・弄玉(しょうし・ろうぎょく)。

蕭子弄玉

左面にだけ胴羽目がありました。画題は養老の滝。

養老の滝

二代石原常八の見事な彫り物を堪能できました。

刺青師・龍元

099

コメント

タイトルとURLをコピーしました