斜めに構えて [雷電神社] 栃木県

雷電神社本殿 栃木県
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の技術である手彫りの継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和二年四月吉日、栃木県佐野市の雷電神社に参拝しました。

雷電神社鳥居

近くに雷電神社総本宮があるのでそこから勧請したのだと思います。創建年代などは分かりませんでした。

雷電神社拝殿
雷電神社本殿

おお、つっかえ棒がビス打ちされています。この位置にビスで留めて、本当に横方向の重量に耐えられるのかなぁ。

雷電神社本殿

前方向にもつっかえ棒。

雷電神社本殿

なるほど。前方に傾いでいますね。胴羽目がズレてしまってます。これは金鶏のオスとメスでしょうか。

金鶏?

背面胴羽目は

龍

右面胴羽目は鳳凰、もしかしたら鸞だと思います。

鳳凰

正面唐破風下には力神さまがいました。

力神

左側からのショット。

力神

早く専門家の手で修繕しないと倒壊してしまうのではないか、と心配になる神社でした。

刺青師・龍元

098(2020.05.11)

コメント

タイトルとURLをコピーしました