菱野健功神社(ひしのけんこうじんじゃ)

菱野健功神社(ひしのけんこうじんじゃ)

令和元年長月吉日、長野県小諸市の菱野健功神社を訪れました。

ここは、参拝を予定していたすぐ側の天神社に通じる道を探している途中で、偶然見つけた神社です。

(クリックで拡大画像が表示されます)

菱野健功神社鳥居
菱野健功神社鳥居

鳥居の扁額には「諏訪宮」となっていましたが、拝殿の扁額には菱野健功神社となっています。

菱野健功神社社号額
菱野健功神社社号額

由緒

宝暦五年(1756)創建
安政三年(1856)諏訪大明神から現在の社名に改称
御祭神
建御名方命(たけみなかたのみこと)
事代主命(ことしろぬしのみこと)
南向き

本殿

菱野健功神社本殿
菱野健功神社本殿

本殿向拝

向拝水引虹梁上 鳳凰
向拝水引虹梁上 鳳凰

海老虹梁には定番の がありました。

海老虹梁 龍
西側海老虹梁 龍

素人目にですが、これは大隅流ではないかと思います。

海老虹梁 龍
東側海老虹梁 龍

こちらは群馬県下仁田諏訪神社の海老虹梁の龍。大隅流の矢崎善司、房之進、林之丞父子の手によるもの。

群馬県下仁田諏訪神社 海老虹梁の龍
群馬県下仁田諏訪神社 海老虹梁の龍

宮彫りの世界では粉本を使う、つまり師匠の作った手本の絵をそのまま写す事が普通にあった様なので(因みに私はやりませんが、刺青の世界でも普通にあります)、この程度の相似が同一人物の作品とまでは言えないかも知れませんが、大隅流である事は間違いなさそうです。

本殿西面

上部には鶴とか何かの鳥とか。

本殿西面上部
本殿西面上部
西面胴羽目 獅子
西面胴羽目 獅子
西側脇障子 竹に鶏
西側脇障子 竹に鶏

本殿背面

本殿背面上部
本殿背面上部
背面胴羽目 応龍
背面胴羽目 応龍

本殿東面

よく見えませんが、妻飾りには麒麟。二重虹梁間には鳳凰。

本殿東面上部
本殿東面上部
東面胴羽目 獅子
東面胴羽目 獅子
東側脇障子 竹に鶏
東側脇障子 竹に鶏

(クリックで拡大画像が表示されます)

偶然の大きな収穫でした。

刺青師・龍元