須賀神社

須賀神社

令和元年長月吉日、千葉県船橋市神保町の須賀神社を訪ねました。結構車通りの激しい道路の脇に鎮座しています。

画像クリックで拡大画像が表示されます

須賀神社鳥居
須賀神社鳥居

由緒

御祭神 須佐之男命
創建は分かりませんでした。北向きの神社です。

どこもそうですが、境内はひっそりとしていて時間が止まっているかの様です。

社殿

社殿は本殿のみです。

須賀神社社殿
須賀神社本殿

本殿東面

ここは脇障子が斜めについていて横から見える様になっています。

本殿東面

胴羽目は西王母。

西王母
西王母

脇障子は鶴仙人の控鶴仙人(こうかくせんにん)。顔が半分欠けてしまってます T^T

鶴仙人
控鶴仙人

本殿西面

本殿西面

構図の左にいるのがカエルで、上から下がっているのが柳の葉だとすれば小野道風かなと思います。書の達人で花札の雨の札になってる人ですね。でも、人物の服装が中国風にも見えるので、もしかしたら違うかも。カエルが妙にデカイし。。。

小野道風
小野道風
小野道風
小野道風

脇障子は鯉の滝登り。

鯉の滝登り
鯉の滝登り

画像クリックで拡大画像が表示されます


背面には彫り物はありませんでした。

全体的にあっさりとした印象の彫り物でしたが、西面と東面は明らかに違う手による彫刻ですね。西面は彫り物が専門ではない方の作品と思われます。

刺青師・龍元