大曽根八幡神社 其の二 御本殿

大曽根八幡神社 其の二 御本殿
大曽根八幡神社拝殿

御由緒

文亀二年(1502)勧請
明治二十八年(1895)本殿・拝殿改築
御祭神 誉田別命(ほんだわけのみこと)
彫師 後藤一重(佐藤藤太郎)

御本殿

大曽根八幡神社御本殿

向拝

向拝柱には左右に二匹ずつの龍。蝦虹梁はあっさりとしています。

向拝柱 龍
向拝柱 龍

水引虹梁上には「応神天皇誕生」。ピントが甘くなってしまいました。

応神天皇誕生

左面

縁下組物間琵琶板には唐子シリーズ、その下は波に亀。右端に蟹がいます。

御本殿左面

胴羽目は「神武東征」。

左面胴羽目

八咫烏に導かれる神武天皇

神武天皇

〜追記(20.06.14) 神武天皇と思っていたのですが、実際に八咫烏に導かれるのは、神武東征の先鋒を務めた日臣命(ひのおみのみこと)の様です。日臣命はこの功績により、道臣命(みちのおみのみこと)と名乗ります。

なので、これは「八咫烏に導かれる日臣命または道臣命」でした。追記終わり〜  

三本の足が見えてませんが、この構図で鳥がいればこれは「八咫烏」だと思います。

八咫烏

これは何でしょうね。「伊奘諾と伊奘冉」かなぁ。中央に空間があるので、元々は何かあったのかも知れません、と言い訳をします。

背面

御本殿背面

胴羽目は「天岩戸」。

背面胴羽目 天岩戸
天手力男神 天照大神

独特なタッチの天宇受売命ですね。

天宇受売命 天長鳴鶏

右面

亀が沢山います。

御本殿右面

胴羽目は「須佐之男命八岐大蛇退治」。

右面胴羽目 須佐之男命八岐大蛇退治
須佐之男命 櫛名田姫命

珍しい事に本物の蛇です。

八岐大蛇

私も刺青修行を始めた頃は思ったものです。何故、大蛇なのに龍なのか。皆そう思いますよね。

以前、刺青図柄の意味 龍スサノオノミコト 「八岐大蛇退治」 でも考察しましたが、古事記では八俣遠呂智と書き、必ずしも蛇ではないという解釈があります。また、古来土着の蛇信仰などから、蛇と龍を同一視する考えもあります。

脇障子のこれは分かりません。反対側と対になっているのでしょうか。

彫り物満載の素晴らしい神社でした。

刺青師・龍元

122