深彫龍のある [長柄神社] 群馬県

群馬県
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の技術である手彫りの継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和二年四月吉日、群馬県邑楽町の長柄神社に参拝しました。

長柄神社鳥居
長柄神社拝殿

御由緒

千四百年前に創建
元慶五年(881)藤原長良公を合祀
御祭神
事代主命(ことしろぬしのみこと)
藤原長良公(ふじわら ながら/ながよし こう)
南向き

御本殿

長柄神社御本殿

右面胴羽目。これは「玉巵」なのかな。従者が袋に入れた琴っぽいの持ってるけど、弾いてないしな。

玉巵弾琴図

↓伊勢崎市の瑳珂比神社にも袋に入れた琴っぽいのを自分で持ってる図があったけど

玉巵弾琴図

背面胴羽目は「鶴亀」

鶴亀図

左面胴羽目は「李白観瀑」

李白観瀑図

脇障子は背面から見る構図になっていて、もの凄く立体的で殆ど丸彫りの龍でした

龍

獅子鼻

彫りが深くて素晴らしい彫り物でした

刺青師・龍元

094(2020.05.06)

コメント

タイトルとURLをコピーしました