単菅パイプ [愛宕神社] 群馬県

愛宕神社御本殿 群馬県
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の技術である手彫りの継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和二年四月吉日、群馬県館林市の愛宕神社に参拝しました。

いつも鳥居は撮影位置記録の為に iPhone で撮るんですけど、iPhone の方が色がいいんですよ。

iPhone カメラは人間が好む色をコンピューターが判断していて、もはや塗り絵だそうです。

愛宕神社鳥居

社殿や彫り物はコンデジとミラーレス一眼で撮ってます。

愛宕神社拝殿

まあ、これも色を再現してる訳なんですが。。。iPhoneよりは忠実を目指しているというか、人間好みの調整をしてないって事なのかな。

御由緒

文武天皇四年(700)創立
御祭神 火之迦具土神ひのかぐつちのかみ


裏へ廻ると御本殿は古墳の上に鎮座していました。ここら辺は古墳が多いみたい。

愛宕神社

御本殿

チョットびっくりしますが、単菅パイプで補強してあります。

愛宕神社御本殿

向拝には麒麟、虎、がいました。

本殿向拝 

右面胴羽目は唐子。

唐子の演奏

背面に胴羽目は無し。

御本殿背面

左面胴羽目には司馬温公の甕割りが彫られていました。

司馬温公甕割り

ビス打ちをするよりは良いのかなぁ。

刺青師・龍元

096(2020.05.08)

コメント

タイトルとURLをコピーしました