三ツ堀香取神社

三ツ堀香取神社

令和二年六月吉日、三ツ堀香取神社に参拝しました。

三ツ堀香取神社鳥居
三ツ堀香取神社拝殿
目次

由緒

天正年間(1573-93)創建
祭神 経津主命(ふつぬしのみこと)
拝殿彫師 後藤松五郎


拝殿向拝には子引き龍の彫り物。

向拝の龍

裏側には「後藤松五郎正國佑之」と銘が彫ってあります。後藤松五郎というのは後藤流後藤筑波派の人で、寺田松五郎と名乗った事もあるそうです。

銘 後藤松五郎

拝殿は明治十八年(1885)建立という事になるのでしょうが、御本殿については彫師・建立年などは分かりません。

社号額。

三ツ堀香取神社社号額

参拝を済ませて、御本殿に回ります。

三ツ堀香取神社覆屋

鑑賞にはうってつけの覆屋です。

三ツ堀香取神社御本殿

御本殿左面。

御本殿左面

左面胴羽目は二十四孝から「孟宗」だと思います。筍が食べたいという病気の母の為に冬山を探したが、真冬に筍がある訳もなく泣きながら雪を掘ったら、筍が生えて来たという話。

二十四孝 孟宗

背面胴羽目は、岩に隠れた天照大神を誘い出す場面の「天岩戸」。

天岩戸

右面胴羽目。

御本殿右面

常に虎を連れ、人の病気を治したがお金は取らなかったという「董奉」。

董奉

脇障子は左右とも「鶴亀」でした。仕方ないのかもしれませんが、胴羽目をビス打ちしてしまっているのが残念です。


ここは大正十二年(1923)に起きた福田村事件の現場です。松五郎の龍は一部始終を見ていたのでしょうか。犠牲者のご冥福をお祈り致します。

刺青師・龍元

127