小林源八と小林正俊の欄間彫刻 [日枝神社] 群馬県

日枝神社拝殿内部 神社仏閣
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の手彫りの技術の継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和四年九月中旬 群馬県みなかみ町の日枝神社に参拝しました

日枝神社鳥居

延喜二年(902)勧請
御祭神 大山咋命おおやまくいのみこと
拝殿内欄間彫師 小林源八 小林正俊

日枝神社拝殿

拝殿正面の扉から覗くと見事な天井画が目を引きます 旧月夜野町の幕末の画家林青山筆と推定されている様です

日枝神社拝殿内部

他に窓は無く 御本殿は暗くてほとんど見えませんが 拝殿の壁には大きな壁画と その上には縦125cm 横170cmの大きな欄間彫刻が有ります 

日枝神社拝殿内部

これは韓信の股くぐり  町でチンピラに絡まれ 言われるままに股をくぐった韓信を町の人は笑いましたが 後に漢の三傑の一人に数えられるまでになります

師に頂いた資料によると こちらは小林源八の作

韓信の股くぐり

正面斗栱間の支輪には扇流しと唐獅子牡丹

扇子流しと唐獅子

その隣も扇流し 私はこれを勝手に上州図柄と呼んでいますが 群馬に集中しています 

波に団扇と龍

団扇の下は龍ですが 扁額に隠れて頭は見えません

波に団扇と龍

妙義神社榛名神社 菅原神社 など群馬県の数多くの神社で扇流しの彫刻を見る事ができますが 群馬県以外では 今のところ長野県と栃木県で一社づつ見た事があるだけです

扇子流しと唐獅子

こちらは。。。何でしょう? 師に頂いた資料によると こちらは小林正俊の作

画題不明

最初は韓信の股くぐりの続きかと思いましたが 左右に二枚づつ計四枚ある様なので 左右で もしくは一枚づつ違う画題なのだと思います

日枝神社拝殿内部

中は真っ暗で撮影は苦労しましたが 彩色の状態も良く 見応えのある神社でした

日枝神社案内板
日枝神社案内板
案内板の写真

刺青師・龍元

134(2022.11.15)

コメント

  1. onijii より:

    onijiiです。
    彩色の劣化具合が堪りませんね。
    薄暗い屋内に彫刻が見える時は、
    ゾクゾクしますね。(笑)
    間引き絵馬があるとのこと、
    チェックしてました。

    • 昔は暗い所で写真は撮れないものでしたが、今は肉眼で見えない所まで撮れる様になって、科学の進歩ですね。

      間引き絵馬は多分正面扉の上ですから、公開時に行くしか有りませんね。春の例祭(5/3獅子舞奉納)と秋の例祭(10月休日)がある様ですが。

タイトルとURLをコピーしました