榊神社

境内社妻 栃木県

令和二年三月吉日、栃木県佐野市の榊神社に参拝しました。

参道は突き当たり手水舎の手前で左に直角に曲がります。

榊神社鳥居

御祭神 保食神(うけもちのかみ)
東向き

榊神社拝殿

拝殿向拝。カッコ良い ですね。これは期待できるかも。太鼓羽目には 唐獅子牡丹

拝殿向拝

裏へ回ります。

御本殿透塀

ナント、各面胴羽目正面に柱があります。これは何とかならなかったのか。。。

御本殿北面

まあ、仕方ありません。まず、北面胴羽目。鶴仙人ですね、黄鶴仙人という事にします。大分傷みが激しいですね。顔面がスライスされてしまっています。

北面胴羽目

背面胴羽目。七福神から布袋様・恵比寿様・弁財天・毘沙門天・大黒様の5人ですね。

背面胴羽目

南面胴羽目。鶴が傍にいるので福禄寿、と思ったのですが、良く見ると小脇に鹿がしゃがんでいる様にも見えます。となると寿老人か。福禄寿と寿老人は両者とも南極星の化身で同一視される事もあるので、両手に鹿と鶴なのかも。その場合には毘沙門天の奥さんの吉祥天が入って7人になるので、右の女仙は吉祥天。でも、傍に桃みたいなものを盆に載せてる子供がいるんだよなぁ。なのでこれは西王母かも。

南面胴羽目

結論、仙人が計8人いるので、下記のどちらかと思います。

  1. 黄鶴仙人+七福神(北面・黄鶴仙人、背面・七福神から5人、南面・南極老人と吉祥天)
  2. 七福神+西王母(北面・福禄寿、背面・七福神から5人、南面・寿老人と西王母)

妻には力神がいました。北面妻には阿形。

北面妻

南面妻には吽形。

南面妻

境内社の愛宕神社の妻には邪鬼獅噛みがありました。

境内社
境内社妻

こんなおバアさんいますね。

境内社妻

彫り物は良かったですが、傷みが激しかったですね。あと、覆屋の柱の位置をもう少し考えてもらえれば良かったのですが、まあ、写真を撮るのは想定されていませんから、仕方ないです。

刺青師・龍元

048

コメント

タイトルとURLをコピーしました