八坂神社

八坂神社

令和二年六月吉日、八坂神社に参拝しました。

八坂神社鳥居

ここも御本殿に覆屋を被せただけで、直に御本殿を拝む方式。

八坂神社拝殿

御由緒

創建年代不詳
明治九年(1876)現本殿建立
御祭神 須佐之男命(すさのおのみこと)

御本殿

新型コロナ対策なのか、鈴緒が向拝柱に引っかけてありました。近頃は鈴を外している神社もありますね。

八坂神社御本殿

向拝には定番の。私の好みの感じの龍です。

向拝の龍

御本殿右面。

御本殿右面

胴羽目は「張遼」です。

張遼

最近は原点回帰というか、龍の彫り物に注目しています。

張遼と龍

御本殿の裏側。

八坂神社御本殿

胴羽目は「唐子の獅子舞」でした。

唐子の獅子舞

御本殿右面。

御本殿右面

胴羽目は「黄石公」。左右合わせて「黄石公と張遼」という趣向ですね。人物一人ひとりが大きくて、より迫力があります。

黄石公

他に妻飾りは「松に鷹」、脇障子には「虎」が彫られていました。

境内社

隣の覆屋の中には大山祇神(おおやまつみのかみ)を祀る「大六天」・「荒神さま」と呼ばれる境内社がありました。

こちらの龍もなかなかです。

大六天向拝の龍

素晴らしい彫り物でした。

刺青師・龍元

129