日本伝統刺青 6 武者絵

頼光に食らいつく酒呑童子の生首 日本伝統刺青
頼光に食らいつく酒呑童子の生首

去年の夏あたりから Traditional Japanese Tattoo Association 日本語で言えば「日本伝統刺青協会」というのを作って、アムステルダムの二代目・建尚さんと一緒に、日本と刺青についてインスタグラムなどのSNSで海外に発信しています。


今回は武者絵について。文と画は私、刺青師・龍元です。

View this post on Instagram

Samurai Warriors One of the most popular categories in traditional Japanese tattoos is samurai warrior, called Musha-e, such as “Raiko slaying demons at Mt.Ooeyama”, “Hedesato defeating giant centipede”, “Yoshinaka’s last stand”, “Hirotsune slaying nine tailed fox” “Susanoo defeating dragon” and so on. Most of these tattoo motifs are famous scenes from Japanese histories, myths, legends and folklores. For example, Raiko was a samurai that existed one thousand years ago and has many legends. One of the most famous stories about him is “Demon Shuten-Doji at Mt.Ooeyama”. The summery of the story is that Raiko went to Mt.Ooeyama to slay demons and finally he chopped the head of Shuten-Doji off. But Doji’s severed head was still alive, snapped its jaws, aiming at Raiko’s head. (You could probably find more information of this story on the internet by “Shuten Doji”)・ ・ There are very interesting stories behind each motif. . ・ Text and sketches by @ryugendo ・ ・ ・ ・ #tebori #artisan #handpoke #horimono #irezumi #japantattoo #japanesetattoo #japaneseirezumi #wabori #tattoohistory #inked #tattoo #tatuaje #手彫り #刺青 #tradition #gaman #traditionaljapanesetattoo #traditionaljapanese #traditional #japanesetraditional #japanesetradition #traditionaljapan #traditionalculture #traditionalart #traditionalartist #japaneseart #japanesehistory #realman

A post shared by Irezumi (@traditionaljapanesetattoo) on

スマホの場合はスワイプ⇄
PCは左右の矢印で次のページ

武者絵

日本伝統刺青の中で最も人気のある画題の一つに武者絵がある。例えば、「頼光の大江山鬼退治」「藤原秀郷の大ムカデ退治」「木曽義仲最期の闘い」「上総介広常の九尾の狐退治」「素戔嗚尊の大蛇退治」などなど。。。

これらの画題は主に日本の歴史や神話、伝説や民間伝承の名場面から来ている。

例えば、源頼光は約1,000年前に実在した侍で、沢山の伝説を残した。頼光について、最も有名な伝説の一つに「大江山の酒呑童子」というのがある。

あらすじはこうだ。
頼光は大江山へ鬼退治に行き、やっとの事で酒呑童子の頭を切り落とす。しかし、童子の生首はそれでもまだ生きていて、大きく口を開けて頼光目掛けて飛んで来た。(詳しくはネットで ”酒呑童子” と検索して下さい)

刺青の画題には一つ一つ、とても興味深い物語があるのです。

文と画 刺青師・龍元

頼光に食らいつく酒呑童子の生首
頼光に食らいつく酒呑童子の生首

(正確な翻訳ではありません)


武者絵という題で、話の中に素戔嗚尊を入れたので、「スサノオはサムライじゃない」とコメントされてしまいました。

知ってます。でも、論点はそこではないので、スルーしました。この記事で私の言いたかった事はこの一点です。

「日本伝統刺青の画題の背景には一つ一つ、とても興味深い物語があるのです」

刺青師・龍元

タイトルとURLをコピーしました