鶴が舞う [縣神社] 長野県

向拝の龍 神社仏閣

あがた神社

令和二年八月吉日、長野県佐久市の縣神社に参拝しました。

縣神社鳥居

由緒不詳

御祭神 大国主命おおくにぬしのみこと誉田別命ほんだわけのみこと建御名方命たけみなかたのみこと八坂刀売命やさかとめのみこと

縣神社拝殿

向拝の龍

向拝の龍

裏へ廻ります。

縣神社

右面胴羽目は鶴でした。大分傷んでますね。

右面胴羽目

胴羽目の直前には植え込みがあって、正面から全体を見る事は出来ません。

縣神社

御本殿自体の劣化が激しいのか、背面には二本の筋交いが打ってありました。

縣神社

左面の胴羽目も鶴。

左面胴羽目

摂社 八幡社

摂社 八幡社

中は物置状態でしたが、注連縄はそう古くはない様だし、放置されている訳ではなさそうです。

摂社八幡社

見たところ、左面胴羽目は唐獅子の親子ですね。

摂社八幡社

反対側も唐獅子の親子でしょう。正面扉脇羽目は竹林です。

摂社八幡社

梅雨が明けて急に暑くなりました。この日は前情報の無い神社に8社程回りましたが、収穫はゼロ。熱中症にならない内にと思って、午前中で切り上げて帰りました。

刺青師・龍元

182(2020.08.30)

コメント

  1. より:

    前情報なしを8社も回るなんて開拓者ですねぇ!!私もたまぁ~に前情報なしの所に立ち寄る事がありますが、その度にやっぱり下調べは重要だと感じます。でも、事前情報なしで彫刻が立派な所に出会えると嬉しいですよねぇ!!

    • 龍元 より:

      長野は第二の故郷みたいなモンですからね〜。

      空振りは精神的に辛いので少しずつと思ってるんですが、この日は数行き過ぎちゃって、お昼で心が折れました。やっぱり多くても前情報有りと無しが1:1位が限度ですね。

タイトルとURLをコピーしました