聖天宮日高社(冠稲荷神社境内社)

聖天宮日高社鳥居 群馬県

令和二年四月吉日、冠稲荷神社境内社の聖天宮日高社に参拝しました。

聖天宮日高社鳥居

由緒

安政四年(1857)再建
御祭神
伊邪那岐神(いざなきのかみ)
伊邪那美神(いざなみのかみ)
火雷神(ほのいかずちのかみ)
水分神(みくまりのかみ)
彫師 弥勒寺音次郎・音八 父子
西向き

聖天宮日高社

扉右側脇板には「林和靖」が彫られていました。

扉脇板

左側には「李白観瀑」

扉脇板

左側脇障子には「西王母」。従者が持っているのは蟠桃ですね。孫悟空が腹一杯喰って不死身の身体になったという、あの長寿の桃です。

左側脇障子

西王母の表情がたまりません。

西王母

特にこの唇。生きている様です。

西王母

従者のおばさんも負けてはいません。

左側脇障子

反対側の脇障子には桃を持った男が歓喜に震えている図。これは西王母の桃を盗んで800年生きたという「東方朔 とうほうさく」でしょう。

右側脇障子

「へっへ〜ん、してやったぜ!」

東方朔

最高です。

中央矢印で動画再生
PCは左右の矢印で次のページ
スマホの場合はスワイプ⇄

今回は見られませんでしたが、三年前に来た時には扉が開放されていて、内部の天井絵と金の龍を見る事が出来ました。

内部天井

前回はこの煌びやかさに惑わされて、脇障子には全く気付きませんでした。再訪して本当に良かった。

聖天宮日高社鳥居

ここだけでも来た価値がありました。

刺青師・龍元

(090)

コメント

タイトルとURLをコピーしました