良い彫り物がぞんざいに扱われているのでは、と心配になってしまう [雷電神社] 群馬県

雷電神社御本殿 群馬県

令和二年四月吉日、群馬県太田市の雷電神社に参拝しました。

雷電神社鳥居

広い境内です。

雷電神社拝殿

御本殿を覗いてみると。。。

雷電神社本殿覆屋

右面

おやおや、胴羽目に何か立て掛けてあります。

雷電神社御本殿

立て掛けてあるのは正面扉の様です。もうちょっと気を使いましょうよ。彫刻が傷んじゃうよ。

唐獅子牡丹

脇障子には「菊慈童」が彫られていました。

菊慈童

左面

雷電神社本殿

何にも書いてない扁額。彫り物が隠れちゃってます。もう字が消えてしまってるのだから、外しても良いんじゃないかな。

松鷹

こちらの脇障子にも菊がありましたが、人物は???です。

?

背面

「李白観瀑」でしょう。左の童が「先生〜お酒お酒!」って感じで瓢箪を持って走る様子が何とも言えません。

李白観瀑

彫り物には埃が積もっちゃってるし、あまり彫刻に興味が無いのでしょう。まあ、掃除はやり過ぎも良くないのかも知れませんが、少なくとも物を立て掛けるのはやめた方が良いと思います。

ここは近所の冠稲荷神社の兼務神社の様です。冠稲荷神社では彫り物が大切にされているのになぁ。

刺青師・龍元

088(2020.04.30)

コメント

タイトルとURLをコピーしました