香取神社

香取神社

令和二年六月吉日、香取神社に参拝しました。

香取神社鳥居

ここら辺に多い御本殿を塀で囲っただけのタイプ。

香取神社

御由緒

創建年代不詳
御祭神 経津主神(ふつぬしのかみ)

正面

香取神社向拝

扉には獅子と牡丹と花。扉脇には昇り降りの

正面扉の獅子と脇板の龍

右面

香取神社御本殿

多分、牡丹だと思います。

右面胴羽目

脇障子は「李鉄拐 りてっかい」ですね。

鉄拐先生

左面

香取神社御本殿

これは鷹なんでしょうね。オウムみたいですけど。途中で終わっている様に見えますね。

左面胴羽目

反対側が鉄拐先生なのでこちらは「劉海蟾 りゅうかいせん」。

劉海蟾

よく見ると手に蝦蟇を持っています。他にも蝦蟇仙人は何人もいて、国産の仙人だと「仙素道人 せんそどうじん」「肉芝仙 にくしせん」なんてのもいます。

蝦蟇

背面

背面には彫り物はありませんでした。

背面

胴羽目と脇障子の出来に随分と差があるので、もともとは胴羽目に彫り物は無かったが、後で本職ではない方が彫ったのだと推察します。

左面は途中で終わっている様に見えますから、施主があまりの出来を見て、途中でやめさせたのでは?なんて想像は膨らみます。想像です。

石灯篭

灯篭にも彫り物がありました。

左面には「楊香」。ちょっと大きさのバランスが。。。これでは楊香は1〜2歳です。猫よりは大きいがこれ位の虎だったら、勝てないまでもなんとかなるかも。先ず1〜2歳の女の子を助けましょうよ、って感じになってます。

楊香

正面には「兎」。

兎

右面のコレは「唐子の獅子舞」でしょうか。

唐子の獅子舞?

背面には「唐獅子牡丹」でした。石に彫るのは大変そうです。

正面と脇障子の彫り物が素晴らしい神社でした。

刺青師・龍元

132