雲蒸龍変 [総社萬力水神社] 千葉県

龍 神社仏閣
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の手彫りの技術の継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和二年十一月、千葉県旭市の総社萬力水神社に参拝しました。

総社萬力水神社鳥居

境内は非常に整っています。平成十九年に整備された様です。

総社萬力水神社

寛文十年〜元禄八年(1670~95)創建
御祭神 水波廼女神みずはのめのかみ

総社萬力水神社向拝

水引虹梁上の龍がシブいです。

向拝の龍

正面扉脇の龍も良く出来ています。とても勉強になります。

総社萬力水神社正面扉の龍

左側は私の好きな巻き毛タイプの龍。鱗の形も変わっています。

龍

↓ここの前に行った 府馬愛宕神社 の社号額の龍と似ています。

府馬愛宕神社社号額
総社萬力水神社御本殿

胴羽目は烏鷺うろ。傍観者の木こりがいないので、これはただ単に烏鷺とか囲碁という事で良いのでしょうか。よく見ると妙に小さい童子がいますが。ご飯をよそっているのか?まさか。

烏鷺

千葉県では割と良くある、脇障子が斜めについているタイプですね。

総社萬力水神社御本殿

胴羽目は二十四孝から大舜たいしゅん。象の背中には小鳥がいます。

大舜

胴羽目は三面とも彫りが大雑把な感じ。向拝の龍とは違う人の作品でしょうか。

総社萬力水神社御本殿

右面胴羽目は黄石公と張良。靴を拾って兵法の秘伝を授かるの図です。

黄石公と張良

境内にあった由緒書きには『度重なる区議会を開催し〜』『氏子はもとより当地出身の方々、近隣の方々のご協力により』とあるので、地域ぐるみで大事に守っているのでしょう。

良い神社でした。

刺青師・龍元

286(2020.12.14)

コメント

  1. onijii より:

    onijiiです。
    整然とした神社ですね!
    大事にされていて嬉しくなりますね!!
    こうして何百年も守られて行くのですね!!!

    雲蒸龍変?検索すると、うんじょうりょうへん
    初めて知りました。さすがに龍詳しいですね!
    元々寺社巡りは龍を求めて始めましたが・・・、
    違いが分からず、力神に転向しました。(笑)

    • 龍元 より:

      はは、雲蒸龍変はこじ付けです。タイトルに困って龍に関する言葉を検索したら出て来ました。「境内がキレイな〜」じゃ、パッとしないですからね。

      ここは境内は整ってますが、御本殿は雨晒しですね。少なくとも屋根位は付けないと、彫り物の劣化が心配です。

タイトルとURLをコピーしました