山神社

張果老 栃木県

令和二年三月吉日、栃木県佐野市の山神社に参拝しました。ここは「さんじんじゃ」と読むんですかね。「やまじんじゃ」や「やまのかみしゃ」と読む所もある様ですが。

山神社

御本殿のみのシンプルな神社です。

御本殿

右面の胴羽目は鯉仙人の琴高。

右面胴羽目

背面胴羽目は張果老の瓢箪から駒。

背面胴羽目

このゴザ仙人は誰?

左面胴羽目

列仙全伝を見てみると、ゴザ仙人は二人載っていました。

一人は張志和。コトバンクで調べると、水上にムシロを敷いて酒を飲み、詩を吟じ、鶴に乗って昇天したそうです。鶴仙人でもある訳ですね。胴羽目の彫り物には鶴がいないので、これではなさそうです。

張志和

もう一人は道丙。胴羽目の彫り物はこれっぽいですが、道丙がどういう人なのかは分かりませんでした。後漢の東陽人という所までしか読めません。。。

逍丙

〜追記(20.03.24)色々調べていたら、同じ絵で趙丙と表記してある本を見付けました。そう思ってこちらを見て見ると「道」とは違う字の様にも見えます。「逍丙」かな?どちらにしてもどういう人かは分かりません。追記終わり〜


瓢箪から

張果老

駒!

瓢箪から駒

刺青師・龍元

045

コメント

タイトルとURLをコピーしました