彩色彫刻画題不明 [浅間神社] 栃木県

浅間神社本殿 栃木県
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の手彫りの技術の継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和二年三月吉日、栃木県佐野市の浅間神社に参拝しました。

浅間神社鳥居
浅間神社拝殿

御由緒

弘長二年(1261)創建
御祭神 木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)他七柱
南向き


本殿は結構高い位置にあります。彩色が綺麗ですが、ちょっと光沢があり過ぎかな。 〜追記(2021.08.12)先日、宮司さんから連絡があり「日光東照宮に合わせて塗り替えたばかりなので、光沢が出過ぎていたのでは」との事でした。追記終わり〜

浅間神社本殿

御本殿右面。

浅間神社本殿

胴羽目。画題は分かりません。中国系ですかね。

東面胴羽目

脇障子は孔雀。

孔雀

御本殿背面。

浅間神社本殿

胴羽目。これも画題は???

背面胴羽目

同じく佐野市の 浅田神社 にもそっくりな構図がありましたね。

浅田神社胴羽目
栃木県佐野市浅田神社胴羽目

御本殿左面。

浅間神社本殿

胴羽目。これも画題は???です。

西面胴羽目

西側の脇障子は雌の孔雀が雛に餌をやっている所の様です。

孔雀

ぬおおおお!結局何も分かりませんでした。多分、全部中国の〇〇演義系だと思うのですが。。。

刺青師・龍元

044

コメント

  1. より:

    こちらの神社も浅田神社も、俵藤太こと藤原秀郷と関連が有るようなので
    内容はそっち系だと思って調べていましたが、未だ辿り着けておりません
    というか、中国系でしたか。
    龍元さんに期待をしていたのですが。

    下記リンクは藤原秀郷関連が記載されております。
    https://tasogarekowai.blog.ss-blog.jp/2015-10-02

    • 龍元 より:

      いや、中国系というのはあまり根拠ありません。浅田神社の胴羽目が三面とも中国風だったから、こちらもそうかなと考えました。こちらの側面2面は日本図柄でもあり得そうですね。
      リンクありがとうございます。記事を2、3読みましたが、なかなか面白いサイトですね。

タイトルとURLをコピーしました