十人の仙人が集う社 [宮子神社 其の二] 群馬県

宮子神社御本殿洞羽目 群馬県
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の技術である手彫りの継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

宮子神社 其の一からの続きです。

御本殿右面

胴羽目と脇障子は仙人尽くしでした。

宮子神社御本殿右面

一本足の蝦蟇を抱く蝦蟇仙人こと劉海蟾りゅうかいせん

蝦蟇仙人 劉海蟾

その上には麒麟と女仙人。西王母の娘の上元夫人かなと思っていますが、確証はありません。

上元夫人

魂を吹き出す鉄拐先生てっかいせんせいこと李鉄拐。脇に立っている人はそばに滝があるので李白かもしれないと思います。李白は詩人じゃないか、と思ったりしますが、支那仙人列伝(←旧仮名遣いですが現代日本語で書かれています)という本には龍乗り仙人として載っています。

李白 李鉄拐
仙人
宮子神社御本殿右面

脇障子には鯉乗り仙人の琴高きんこう。求道者たる貫禄があります。

琴高仙人

御本殿左面

宮子神社御本殿左面

皿の様な物に乗る陳楠ちんなん

陳楠仙人

鳳凰乗り仙人の梅福ばいふく

梅福仙人

梅と鶴をこよなく愛する林和靖りんなせいと、横に立つ西王母せいおうぼ

林和靖と西王母
仙人
宮子神社御本殿左面

脇障子は亀仙人の盧敖ろごう。別名・黄安こうあんとも言います。

盧敖仙人

御本殿背面

宮子神社御本殿背面

背面にはなぜか唐獅子の親子がありました。滝に打たれています。

唐獅子

窓から中を覗くには脚立が必要です。

仙人が10人というのは四仙とか八仙とかの組み合わせではなく、ただ好きな仙人を並べただけの様ですね。素晴らしい神社でした。

刺青師・龍元

065-02(2021.05.03)

コメント

  1. onijii より:

    onijiiです。
    仙人が十人もいたんですね!
    いい顔してますねえ!!

    寺社巡りを始めた頃は、この手の
    渋い顔に違和感がありましたが、
    今はそれが魅力になりました。(笑)

    • 色々回ってると感じ方が変わって来ますね。
      初心者には彩色の綺麗な物が分かりやすいし、色々分かってくると白木が良くなって来るし。精密な物やシンプルな物が良くなったり、寂れた彩色の良さが分かって来たりもします。
      段々と自分の幅が広がる様な気がしますね。

タイトルとURLをコピーしました