[玉巵弾琴図] 始まりました!

玉巵 手彫り刺青作品

玉巵弾琴図ぎょくしだんきんずが始まりました!

この人は既に胸割り半ズボンが仕上がっていて、脚には元々私が数年前に入れた「龍と朧月おぼろづき」がありました。

それで「龍と半ズボンの間に何か入れたい」と相談に来たので、「玉巵弾琴図ぎょくしだんきんず」が良いのでは、と提案しました。朧月は本人の了解を得て、消す事にしました。因みにこのスジはマシンです。


玉巵弾琴図ぎょくしだんきんずとは、「玉巵ぎょくしが弾く琴の音に龍が聞き惚れる図」の事です。

玉巵ぎょくしというのは西王母せいおうぼの娘で、一弦の琴を弾いて龍を自在に乗りこなすといわれる仙女です。弁天様と良く間違えて解説されていますが、別の神様です。太真王夫人たいしんおうふじんとも言います。

玉巵ぎょくしの母の西王母せいおうぼというのは天上界で一番位の高い仙女です。西遊記の始めの方で、孫悟空そんごくう西王母せいおうぼの桃園の桃を食い尽して追放される、という話に出て来ます。

葛飾北斎の玉巵弾琴図が有名ですね。

玉巵弾琴 葛飾北斎画

完成が楽しみです。

刺青師・龍元

タイトルとURLをコピーしました