ついに完成 [玉巵弾琴図]

玉巵弾琴図 手彫り刺青作品

玉巵弾琴図ぎょくしだんきんずがついに完成しました。割と珍しい画題ですが、北斎や暁斎なども描いている伝統的な図柄です。

ついにって言ってもスジに1時間、ボカシに4時間なので、あっという間です。

玉巵弾琴図

玉巵ぎょくしというのは天上界で一番偉い女仙・西王母せいおうぼの娘。一弦琴いちげんきんを奏でて、その音色で龍を操ります。

玉巵弾琴図

龍は以前に仕上げた私の作品です。

玉巵弾琴図

膝の関節の横に顔があるので、足を伸ばしている時と曲げている時で微妙に表情が変わります。刺青ならではの魅力の一つです。

玉巵弾琴図

このお客さんは全部マシンで、という注文です。マシンなので肌が真っ赤になってしまってますが、治れば玉巵の下の龍の様に綺麗な薄墨仕上げになります。

〜追記 約一ヶ月後の写真です。

玉巵弾琴図

まだ墨が若く肌も光っている感じですが、これから半年から1年掛けて落ち着いてきます。

玉巵弾琴図

他に、『スジ=マシン ボカシ=手彫り』『スジからボカシまで全て手彫り』にも対応していますので、ご相談ください。

刺青師・龍元

タイトルとURLをコピーしました