長福寺大師堂

長福寺大師堂

令和二年六月吉日、長福寺の大師堂に参拝しました。

長福寺大師堂

御縁起

創建年代不詳
明治三十二年(1899)大師堂再建
彫師 二代目後藤藤太郎(葺不合神社案内板より)

向拝

向拝

唐破風懸魚は、上半身が菩薩または天女、下半身が鳥または鳳凰の姿で、美しい声で鳴くという「迦陵頻伽 かりょうびんが」。笙を吹いています。

迦陵頻伽

刺青でも人気の図柄ですが、たまに天女に鳳凰の尻尾を付けてしまっている刺青を見かけます。迦陵頻伽は足が鳥ですから天女とは違うし、天女に尻尾は生えていません。

その奥には「富士山」の彫り物。

富士山

最初に見た時には「富士と松」だと思ったのですが、拡大してみると松の幹だと思っていたものは、笠をかぶった旅人が休んで天を仰いでいる様にも見えます。気のせいかな。もっと別の角度でも撮ってくれば良かったのですが、写真はこれ一枚だけ。んんん、なんだろ。

松?

扉脇には「山鵲 さんじゃく」、上には「亀」の彫り物。

長福寺大師堂扉

向拝柱には「高砂」の彫り物がありました。

向拝柱 高砂

左面

長福寺大師堂

「十六羅漢」から五人の羅漢様。

十六羅漢

陳楠みたいな羅漢様は多分、「伐闍羅弗多羅尊者 ばじやらほつたらそんじや」。

伐闍羅弗多羅尊者

右面

長福寺大師堂

こちらも「十六羅漢」から五人の羅漢様。誰が誰やら分かりません。

十六羅漢

背面

こちらは「十六羅漢」から六人の羅漢様。

十六羅漢

腹を割って仏を見せているのは、釈迦の実子である「羅怙羅尊者 らごらそんじゃ」。

羅怙羅尊者

小さいお堂だと思いましたが、案外見応えがありました。

庇が小さいし雨晒しなので、大分劣化が進んでしまっていました。

刺青師・龍元

136