仙人が棲む [杉森稲荷神社 広瀬神社境内社] 埼玉県

菊慈童 神社仏閣

令和二年八月吉日、埼玉県狭山市の広瀬神社に参拝しました。

鳥居の先で細い道路が参道を横切っていて、その道路の手前が神社の駐車場になっています。

広瀬神社鳥居

境内には古いケヤキの木がありました。崩落の危険があるので周りは立ち入り禁止。迂回して参道を進みます。

広瀬神社のケヤキ

広瀬神社拝殿。

広瀬神社拝殿

参拝後、隅にある境内社の一つ、お目当ての杉森稲荷神社へ。

広瀬神社境内社

御祭神 保食命うけもちのみこと 猿田彦命さるたひこのみこと 大宮廼売命おおみやのめのみこと

杉森稲荷神社御本殿
杉森稲荷神社御本殿向拝

向拝の龍。悲しい事に前足が二本とも失われています。後ろ足も爪が一本しか残っていません。

向拝の龍

右面の胴羽目は菊慈童。

菊慈童

帝の枕を跨いで島流しになり、かの地で菊の露を飲んで仙人になりました。

菊慈童

その下の腰羽目には亀と唐子がありました。

亀と唐子

脇障子は琴高仙人。

琴高仙人

背面には彫り物はありませんでした。

杉森稲荷神社御本殿背面

左側の脇障子は盧敖ろごう仙人。黄安仙人と同一視されますが、元々は別人です。区別は良く分からないので、亀に乗っているのを盧敖、見ているのを黄安、と勝手に区別しています。あくまでも勝手にです。

盧敖仙人

左面の胴羽目は陳楠ちんなん仙人。幟旗が邪魔ですが、隣には同じく境内社の八幡様が鎮座しているので、真横から見る事は出来ません。

龍を呼び出す陳楠

なので、後ろ側からも撮ってみました。アレレ?前から見ると、頰がこけたハードボイルドな印象だったのに、後ろから見ると、割りかし冗談が通じそうなオジさんって感じです。角度によって印象が変わるのは浮き彫りならでは楽しさですね。手首とツボは欠損。

龍を呼び出す陳楠

腰羽目には唐子の獅子舞がありました。

唐子の獅子舞

素晴らしい彫り物でした。

木鼻の獅子

刺青師・龍元

188(2020.09.05)

コメント

  1. onijii より:

    onijiiです。
    昨日は佐野市の山間部に遠征しました。
    48打数6安打、4ホームランの大漁でした。
    (内4ヶ所は教わった所です。笑)

    駒形神社の鬼面確認しました。
    ありがとうございます。
    氷室山神社奥の院は遠慮しました。(笑)

    もう一度行くと、栃木県の南側半分にある
    寺社全てを制覇できます。(笑)

    • 龍元 より:

      おお!そうですか、大漁 何よりです。
      ボーズは辛いですからね。

      栃木県制覇を目指して頑張ってください。

タイトルとURLをコピーしました