梅鉢紋と梅に短冊 [天満宮] 栃木県

力神 栃木県
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の手彫りの技術の継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和二年三月吉日、栃木県栃木市の天満宮に参拝しました。

天満宮鳥居
天満宮拝殿

唐破風の瓦には梅鉢紋、懸魚には梅に短冊、これでもかと天神様をアピール。

天満宮拝殿向拝

時代を感じさせる拝殿内部と壮麗な御本殿。

天満宮御本殿

御本殿向拝中備には波間に書を読む人。分かりづらいですが、鯉がいるので琴高仙人でしょう。

琴高仙人

裏へ回ると。。。しっかりとした足場もあるし、わりと取り組みやすい覆屋だと感じました。

天満宮御本殿覆屋

ところが窓には愛好家泣かせの細目金網。まあ、鑑賞するには問題ありませんし、写真を撮る事は想定されていない訳ですから、仕方ありません。

天満宮御本殿右面

彫り物に金網を巻くよりはマシです。レンズを網に密着させれば網はほとんど見えなくなりますからね。胴羽目の画題は「鳳凰」。

鳳凰

東面妻では「力神」が屋根を支えていました。

力神

脇障子には「唐子と馬」

瓢箪から駒

背面には窓が無かったので斜めから。仙人らしき老人が二人。奥には何かの破片が散らばっています。こうやって朽ちていくのでしょう。

天満宮背面胴羽目

反対側から見ても今一つ分かりません。中央には不自然な空間がありますから、もしかしたら、かつてここに何かあったのかも。

天満宮背面胴羽目

西側の脇障子。今日は天気が良くて、ここでもお陽さまに邪魔されてしまいましたが、人物が持っているものは瓢箪の様ですから、これは「張果老」ですね。反対側の馬と併せて「瓢箪から駒」という趣向なのでしょう。

張果老

こちらの妻にも「力神」がいました。屋根を支えているというよりは、ぶら下がっている様に見えますね。

力神

胴羽目は鶴仙人。「黄鶴仙人」と「控鶴仙人」の違いが分かりません。同じだという人もいます。

黄鶴仙人

絵本写宝袋という本の黄鶴仙人のページには「費長房なり」と書いてありますから、控鶴仙人=黄鶴仙人=費長房と云う事で良いのかな。でも、終わりの方に「然れば費長房にあらず」とも書いてあって、こんがらがっちゃうな。誰か読める人いませんか?

黄鶴仙人

刺青師・龍元

042(2020.03.21)

コメント

タイトルとURLをコピーしました