時平神社

源為朝 神社仏閣

令和二年二月吉日、千葉県八千代市の時平神社に参拝しました。

鳥居

向かって右面の胴羽目は 神功皇后武内宿禰 の「干珠満珠」。

右面胴羽目

鎧や刀の柄にまで模様が入っていて、かなり繊細な彫りです。

神功皇后と武内宿禰

今回のお目当ての彫刻、「源為朝」は背面にありました。為朝 は頼朝・義経 兄弟の叔父で五人張りの強弓の使い手。

為朝

保元の乱で負けた側についていた為に、伊豆大島に流されますが、大暴れしてたちまち伊豆諸島を事実上支配します。遥か奄美大島や沖伊良部島にまで渡来の伝承があります。

下図は葛飾北斎画で、島の住人に五人張りの弓を引かせてみせている所。

源為朝

近寄ってみるとこちらも髭や眉まで細かく表現されていました。ノミ跡の鋭さや木の感じからかなり新しいものと推察しますが、私は素人なのでいつ頃彫られたのかは判りません。これが雨晒しなんて。。。

源為朝

向かって左面の胴羽目は「源頼光の大江山の鬼退治」。これは山伏が5人なので藤原保昌の入っていないバージョン。古い彫り物では保昌の入っている計6人の物が多い気がしますね。

刺青彫師にはとってもシビれる神社でした。また来よう。

刺青師・龍元

コメント

  1. より:

    背面胴羽目彫刻、の内容は『源頼朝』系というのですね、
    持っているのは、弓か竿だと思っていましたが、
    竿を持っている題名として知っていたのが『神宮皇后鮎釣り』でしたので
    この題名は『神宮皇后鮎釣り』としていましたが、竿ではなく折れた弓ですね。
    龍元さんは流石ですね!! 題名・内容の引き出しが豊富ですね!!
    今後も勉強させて頂きます、ありがとうございました。

    • 龍元 より:

      ありがとうございます。でも、錺さんにそう言われると恐縮してしまいます。仕事がら侍系は得意なだけです。児雷也・虎王丸などの妖術使い系も得意ですが、あいにく神社では見かけません。

タイトルとURLをコピーしました