鷲神社

尉 神社仏閣

令和二年二月吉日、武者絵彫刻巡りツアーが終わっても日暮れまで少し間があったので、千葉県白井市の鷲神社に参拝しました。

案内板によると鳥居は宝暦九年(1759)製、市内で二番目に古いそうです。

鷲神社鳥居

社殿も貫禄があります。

鷲神社社殿

御由緒

延宝五年(1677)創建
天保三年(1842)現社殿竣工
御祭神 天日鷲命(あめのひわしのみこと)
東向き

鷲神社案内板

鷲神社本殿

獅子 もいい顔をしています。

向拝

胴羽目

まず左面。二十四孝の楊香。

左面胴羽目

ここは側面を護るような形で屋根がついているのですが、背面の屋根は胴羽目の真ん前。

背面

全体を撮ろうとすると、どうしたって明るい方は白飛びするし暗い方は暗い。こりゃもうフォトショの出番ですが、面倒なのでそのままで失礼します。

背面胴羽目

尉。稲中卓球部にいただろって感じですね。

尉

嫗。シワシワです。

嫗

右面は玉卮弾琴。なんで物を立て掛けちゃうんだろなぁ。

右面胴羽目

その他の彫り物

妻には猩々とスズメバチの巣。

妻

階段と腰羽目の間。

?

腰羽目には唐子遊び。組物間には亀。

腰羽目

腰組間の琵琶板には名前が刻まれていましたが、何人もの名前だったので、これは寄進者の名前ですかね。

それらの中に、切れない刃物で彫った明らかに素人彫りと思われるものがありました。「根本死ね」と彫ってあるのでしょうか。何にせよ、とんでもない奴がいるもんです。大方、頭の膿んだ中坊か何かでしょうが。。。罰あたりめ!

〜追記 20.03.15 後で見返すとやっぱりそんな事はないかも知れないと思えて来たので、撤回致します。あんまり強い言葉は良くないよね 〜

刺青師・龍元

032

コメント

タイトルとURLをコピーしました