[雲龍九郎 背中額彫り] 始まりました

龍王太郎筋彫り 手彫り刺青作品
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の手彫りの技術の継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

下書きです。まず朱墨で大雑把な輪郭を描いてから黒墨で下書きをします。

雲龍九郎下書き

途中でお客さんに何度も確認してもらいながら描いた下書きに沿って針を入れて行きます。

雲龍九郎すじ彫り開始

このお客さんは元々は鯉の滝登り伝説 鯉→化け鯉→飛龍→龍 を希望。膝の前面に鯉、裏ももからお尻にかけて化け鯉と飛龍が入っていて、背中には龍を入れる予定でした。が、腰下を進めているウチにどうしても人物を入れたくなった様です。

雲龍九郎すじ彫り途中

そこで、龍にまたがる妖術師・雲龍九郎か、琴を奏でて龍を操り四海を飛行する玉巵弾琴ぎょくしだんきんが良いのではないか、と提案しました。

鱗

細かい部分と太彫りを終えてすじ彫り完成。着物の柄は後で相談しながら進めて行きます。

雲龍九郎すじ彫り完成

広い背中に迫力の龍王太郎が入りました。今回はマシンを使った筋彫りです。

仕上がりが楽しみです。

刺青師・龍元

タイトルとURLをコピーしました