啄木鳥に突かれませんように [戸隠神社] 栃木県

戸隠神社胴羽目 栃木県
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の手彫りの技術の継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和四年新年寺社彫刻巡礼の旅、五社目は栃木県那珂川町の戸隠神社です。

戸隠神社鳥居

神職さんか氏子さんか境内を掃いてらっしゃる方がいたので、挨拶をして参拝。

戸隠神社拝殿

大同元年(806)勧請
嘉永三年(1850)本殿造営
御祭神 天手力雄命あまのたぢからをのみこと

御本殿は透明アクリル板で覆われています。

戸隠神社御本殿覆屋

胴羽目は唐獅子牡丹。見えづらいですが二匹いますね。アクリル板はまだ新しく透明度は高いです。が、アクリルはガラスと違って柔軟性があるので、どこから狙ってもクニョクニョとした歪みが反射してしまいます。

唐獅子牡丹

背面・左面には胴羽目彫刻はありませんでした。

戸隠神社御本殿覆屋

「裏に廻る人見たのはあなたが初めてだよ」

「彫刻が好きなんですよ、ここの凄いですよね」と言うと嬉しそうに「日光の東照宮の流れの人が作ったんだよ」と教えてくれました。アクリル板はキツツキ対策との事。

ん〜、キツツキが相手じゃ仕方無いですね。大切に守ってくださって感謝です。

刺青師・龍元

005(2022.01.11)

コメント

  1. onijii より:

    onijiiです。
    えっ、獅子いたんですか?2匹も!
    花としかメモしてませんでした。
    よく見ると、巻き毛だし、下の方に
    顔がありますね。(笑)

    彫刻に興味を持つまでは、拝殿で
    お参りしたら帰ってました。
    何ともったいないことを・・・。(笑)

    • 私も二匹目は写真を見るまで気づきませんでした。

      神社の隣に住んでても彫刻の存在を知らなかった、なんて人もいますからね。まあ、かくいう私も関東にこんなに沢山の彫り物が残されているなんて、彫刻巡りを始める前は思いもしませんでした。

タイトルとURLをコピーしました