桑山神社

尾垂木 茨城県

彫師歴二十余年。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本伝統刺青・和彫りとは古来より連綿と日本に伝わる生きた芸術です。伝統を受け継ぎ、研鑽し、さらに発展させて後世に伝えていく事を目標にしています。古来伝統の手法である手彫りの刺青に興味を持っていただければ幸いです。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和元年新年神社巡り。茨城県筑西市の桑山神社に参拝しました。

桑山神社鳥居
桑山神社拝殿

由緒

御祭神 天児屋命(あめのこやねのみこと)
天明五年(1785)本殿再建
明治六年(1873)八竜神、富士浅間を合祀して桑山神社と改称
彫師 磯部秀猷
南向き

胴羽目はありませんが、お目当ては向拝柱の 。物凄くぶっといです。

本殿

鱗が逆立っている感じで波も立体的です。

本殿向拝柱
本殿向拝柱
本殿向拝柱

尾垂木の霊獣が、彩色されていた時分にはすごく豪勢だった事を伺わせます。

尾垂木
桑山神社本殿

刺青師・龍元

011

コメント

タイトルとURLをコピーしました