関口文治郎と福田源治郎 [秋葉神社] 群馬県

神門虹梁上 龍 群馬県
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の技術である手彫りの継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和二年九月吉日、群馬県藤岡市の秋葉神社に参拝しました。

秋葉神社鳥居

御由緒

天長元年(824)諏訪神社を勧請
延享元年(1744)秋葉神社現社殿建立
明治四十三年(1910)秋葉神社に諏訪神社を合祀
彫師 関口文治郎有信 福田源治郎祺訓

神門

虹梁上には龍の他、犀や鶴亀の彫り物がありました。

秋葉神社神門
神門虹梁上 龍

拝殿

秋葉神社
秋葉神社社殿
秋葉神社拝殿向拝

水引虹梁から木鼻にかけて龍が絡み付いています。

木鼻の龍

結構複雑な絡みです。

木鼻の龍

唐破風の下には梅と鶴をこよなく愛する林和靖。

林和靖

水引虹梁上には寒山と拾得。

寒山拾得

内部には彫刻が施された欄間がありました。

拝殿内部

三枚で琴棋書画の様です。これは書。

琴棋書画の書

琴棋書画の琴と画。

琴棋書画の琴と画

琴棋書画の棋。

琴棋書画の棋
拝殿内部
拝殿側面

昼下がりの静寂が印象に残る神社でした。

刺青師・龍元

215(2020.10.04)

コメント

  1. onijii より:

    onijiiです。
    まるで蛇が絡みついているようですね!
    どうやって針金を曲げるように彫ったんだろう?!
    昔の職人さんの技量は凄いですね!!!

    • 龍元 より:

      確認した訳じゃないのですが、多分継いであると思います。塗り物は特にその可能性が高いですね。漆を塗ってしまえば継ぎ目が見えなくなるので。以前伺った神社の神職さんが教えてくれました。

      何にしても昔の職人さんの技術には感服します。

タイトルとURLをコピーしました