本来は六柱(と勝手に推定) [六所神社] 千葉県

六所神社御本殿 神社仏閣
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の手彫りの技術の継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和四年五月中旬 千葉県山武市の六所神社に参拝しました

六所神社鳥居

拝殿は修繕中です

六所神社拝殿

享保六年(1721)現本殿改築
御祭神 伊奘諾尊いざなぎのみこと

六所神社御本殿覆屋

御本殿は三間社です

六所神社御本殿

側面には2枚の胴羽目がありました 

六所神社御本殿

兎かと思ったら虎でした 竹なんかも随分とデフォルメされています

虎

タケノコがあるので孟宗を探してしましました

竹

上部にはこれといって 大きな彫り物はありません

六所神社御本殿

脇障子には ほとんど丸彫りの極厚彫り物がありました

黄安仙人

これは亀がこちらを向いているのでしょう なので黄安仙人としておきます

亀

残念ながら 背面に彫り物は無し

六所神社御本殿

左面です

六所神社御本殿

麻の葉模様の地紋彫り 丸の中は雲と これは梅でしょうか

梅?

もう一つは 雲龍ですね

龍

こちらの脇障子も極厚 梅妻鶴子の林和靖りんなせい

林和靖

内部も二室に分かれているそうです 

六所神社御本殿

御祭神は案内板には一柱しか書いてありませんでしたが 二室ずつの三間社だし 本来は六柱なのだと思います

六所神社御本殿

身舎の赤と黒色は塗り直したのだと思いますが かなり密閉性の高い覆屋なので 彫り物の彩色は見た目よりも古いのかも知れません 

刺青師・龍元

078(2022.06.14)

コメント

  1. onijii より:

    onijiiです。
    胴羽目が数少ない地域なので、
    見つけた時には大喜びしました。
    向拝上に力神がいました。(笑)

    • 本当ですか‼︎ 御本殿向拝ですよね。
      拝殿の前で職人さんが作業をしていたので、前からは覗かなかったんですよね。気が付きませんでした。残念‼︎

      実を言うと私がここに来た時、職人さん立ちションしてたんですよね。隅にトイレが有るのに。挨拶はしましたが、なんか気まずい感じで近寄り難くなって、早々に退散しました。

タイトルとURLをコピーしました