電車の中で

富士 いろいろ
富士
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の技術である手彫りの継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

以前、電車の中で絵を描いていた時の事です。

車両はつり革が全部埋まる位で、結構混雑していました。前には20代前半位の女の子二人連れが立って話をしていましたが、突然私の目の前の子がしゃがみこんでしまいました。


「気分が悪いですか?座って下さい」
と私は立ち上がりました。
「いいえ、次で降りますから大丈夫です」
「じゃあ、次の駅まで座ればいいじゃないですか」
「ありがとうございます、それじゃあ」
と言ってその子は席に座りました。

当然、横にいた連れの子がその子の前に立ち、私は入れ替わる形でその子の斜め前に立ちました。

次の駅に着くとその子は礼を言って降りて行きましたが、次の瞬間、信じられない事が起きました。

前に立っていた連れの子が空いた席に座ったのです。

お前に譲ってねえよ‼︎

刺青師・龍元

コメント

タイトルとURLをコピーしました