[治田町高市社と上八日町高市社] 長野県

治田高市社御本殿 神社仏閣

令和二年六月吉日、長野県千曲市治田神社境内社の高市社に参拝しました。ここには三社の高市社があり、その内の二社に彫り物がありました。

治田町高市社

治田高市社

御由緒

天保年間(1831−45)現社殿建立
明治四十一年(1908)治田神社境内に移築
彫師 小林五藤茂喬


小さめの社殿に彫り物が満載です。

治田高市社御本殿

美術家の佐藤秀治は『江戸宮彫りは刺青に呼応したと思われる。「社殿全体を余す処なく埋め尽くす」木地彫りは、「人肌カンヴァスを埋め尽くす」刺青に通底する』と考察しています。

治田高市社御本殿

まさにその通りですね。日本伝統刺青も「総身彫り」が最終形として想定されていますし、宮彫りも彫れる処全てに彫り物を施すのが究極の形です。

浮世絵・刺青・宮彫りの三つは、互いに影響を与えながら発達した江戸文化の到達点だと思います。不必要な物、ただの道楽、まさに徒花ですね。

向拝柱の龍
向拝柱の龍
海老虹梁の龍
海老虹梁の龍

右面胴羽目は「応神天皇誕生」。

治田高市社御本殿右面

左側に応神天皇を抱く武内宿禰がいて、中央では神功皇后が珍しい事に琴を弾いています。調べるとこれは「弾琴巫術 だんきんふじゅつ」と言って、巫女(シャーマン)である神功皇后が琴を弾いて神を降している処の様です。

応神天皇誕生

御本殿左面。

治田高市社御本殿左面

胴羽目はお馴染みの「須佐之男命の大蛇退治」。

須佐之男命大蛇退治

御本殿背面。脇障子は裏表に彫り物がありましたが、左面側は無くなっていました。右面側は表が「竹林の虎」、裏が「高砂の嫗」。きっと左側面の裏は「高砂の尉」だったのでしょう。ここに移築する前は近くの道っ端に鎮座していたらしいので、その頃に無くなってしまったのでしょうか。

治田高市社御本殿背面

胴羽目は「黄石公と張遼」ですね。ここは日本神話でキメて欲しかったなぁ。

黄石公と張遼

上八日町高市社

上八日高市社

御由緒

創建年代・現社殿建立年代不詳
彫師 小林五藤茂喬


こちらも彫師は小林五藤茂喬の様です。小林五藤とは後藤流の流れで、正式な名前は「小林佐太郎藤原茂喬」(長い!)、号が「五藤」だそうです。

今、写真で見ると左面の妻に力神がいますが、覆屋の左面背面が板で覆われていたのと、胴羽目が無かったので良く確認せず、現場では気が付きませんでした。残念。

上八日高市社御本殿

治田町のを見た後だと、こちらは彫り物が控えめに感じてしまいます。

上八日高市社御本殿

御本殿右面。こちら側には力神はいません。

上八日高市社御本殿右面

胴羽目のこの場面はどこかで見た事があると思って調べてみると、国芳や芳年など名だたる浮世絵師が作品化していますね。当時は誰でも知っていた話なのでしょう。

画題は「忠盛灯籠」もしくは「油坊主」。出典は平家物語です。

忠盛灯篭

白河法皇が愛妾の祇園女御に逢いに行く途中、八坂神社の境内を通りかかると、前方がぼんやりと光っている。鬼であろうと慄いた法皇が、平忠盛(清盛の父)に物の怪を討ち取る様に命じたが、忠盛は直ぐに打ち掛かろうとはせずに、様子を見て生け捕りにした。物の怪の正体は、灯籠に火を灯して回っていた寺の老僧であった。無益な殺生をしなかった忠盛の思慮深さに人々は感心した、という話。

構図が一番近かったのが、長谷川貞信の「日本略史図 平忠盛」です。

忠盛灯篭 長谷川貞信

この話には後日談があって、感心した白河法皇は褒美に自分の愛妾の祇園女御を忠盛に与えた。この時すでに祇園女御は懐妊していて、生まれた子が平清盛になった、という話。

当時はこれは名誉な事だったのか。う〜んまあ、僕の近くでもこんな話を聞いた事があります。ちょっと僕は嫌ですけど。。。

上八日高市社御本殿背面
治田神社境内社

珍な彫り物に二つも出逢えて少し興奮気味でした。

刺青師・龍元

151(2020.07.17)

コメント

  1. onijii より:

    onijiiです。
    あちこちの力神を紹介していただいてたのですね!
    うかつにも、今日気が付きました!!
    長野県も力神が多いようですね!!!

    このところ力神の新規発見が少なく、テンションが
    下がってました。毎度ありがとうございます。
    励みになります。(笑)

    • 龍元 より:

      長野は鬼面か力神がかなりの確率でありますね。まだ他にいくつか発見した神社があるのでお楽しみに。

タイトルとURLをコピーしました