仕方ないのかも知れないけど残念な [吉井八幡宮] 群馬県

海老虹梁の龍 群馬県
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の技術である手彫りの継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和三年一月、群馬県高崎市の吉井八幡宮に参拝しました。

吉井八幡宮鳥居

創建年不詳
弘化三年(1848)本殿造作
彫師 勘蔵
御祭神 品陀和氣命ほむだわけのみこと

彫師の勘蔵というのは、同じく高崎市の倉賀野神社(未訪問)も手がけている様です。

吉井八幡宮拝殿

拝殿向拝。

拝殿向拝

中備は龍。細長です。

向拝の龍

御本殿

最近建て替えられたらしい覆屋にはガラス窓があります。

吉井八幡宮御本殿覆屋

御本殿右面。修繕済みの御本殿は年季が入っていて貫禄があります。

吉井八幡宮御本殿

蝦虹梁を見た感じでは、拝殿向拝の龍と同じ人の様です。細めの龍。

海老虹梁の龍

胴羽目は黄石公と張良。

黄石公と張良

脇障子には人物が3人。此処の所ずーっと三国志演義を読んでいるので、人物3人を見るとどれも劉備・関羽・張飛に見えてしまいます。

吉井八幡宮御本殿脇障子

皆さんはもうお気づきと思いますが、そうです、背面(西面)と左面(南面)の窓にはブラインドが取り付けてあります。

吉井八幡宮御本殿

背面に廻ってみると見事にブラインドが降ろされ、羽根も閉じてあって、彫り物が見えません。

背面窓

左面に廻ってみると、こちらは羽根が開いてあって、彫り物を見る事は一応出来ました。

吉井八幡宮御本殿

どうやらこれは韓信の股くぐり。韓信が若い頃、街でチンピラに絡まれたが争わず大人しく言われるままに股を潜ったが、のちに大成した。大志のある人間は目先の小事に争わない喩え、だそうです。

韓信の股くぐり

脇障子。ムム、こちらにこそ長髭の関羽みたいのが居るではありませんか。

吉井八幡宮御本殿脇障子

そう思って見るとその上が不自然に空いています。もう1人居たのでは?劉備?関羽の横に居るのは張飛?でもそうすると右側脇障子の3人は誰なんだ?という話になるので、多分左右とも三国志とは関係ないのでしょう。

7人だったら七賢の可能性、4人なら商山四皓しょうざんしこうの可能性ありですが、3+2(3)=5人(6人)なのでこれは何だか分かりません。

令和三年六月、ブラインドが開いている事もあるのでは?と思って再訪しました。残念ながら、今回も左面背面ともブラインドが降りています。

吉井八幡宮御本殿

裏へ廻ってみると、背面のブラインドの羽がやや開いていました。応神天皇を抱く武内宿禰神功皇后が見えます。

応神天皇を抱く武内宿禰と神功皇后と竜宮の使いと宝珠

てっきり応神天皇誕生の場面かと思いましたが、下には魚を頭につけた竜宮の使いと宝珠があります。

応神天皇を抱く武内宿禰と竜宮の使いと宝珠

あれ?

竜宮から授かった干珠と満珠を使って三韓征伐をして、その間神功皇后は石を腰に括り付け出産を堪えて、凱旋帰国してから応神天皇を出産、という流れだったと思うのですが。。。

まあ、三韓征伐の話には色々なバージョンがある様ですから、時系列の違う伝説もあるのかも知れません。

いつもブログ記事は、PCで写真をアップして、記事は出先などでタブレットで編集、タブレットは見え方が違ったりするし、知らずにタッチパネルに触れてしまう事も有るので、PCで最終確認してアップします。

昨晩、家に帰ってPCを起動したらOSを更新しろと出たので更新したら、PCはそのまま動かなくなりました。

データは自動でバックアップを取ってある筈だけど、タイムマシンを確認したのは1年以上前。大丈夫だろうか?動かなくなったPCからデータを取り出すソフトウェアも有るみたいですが。。。

という訳で今回の記事まではサーバーに上げてあったので更新が出来ました。見え方が崩れてる可能性も有りますが、ご了承ください。

刺青師・龍元

080(2021.06.28)

コメント

  1. onijii より:

    onijiiです。
    うーん、愛好家泣かせですね。
    見事な彫刻だけに何とも消化不良・・・。

    保存のためなので仕方がないですが、
    ブラインドは開けてくださいませ。
    お願いします。(笑)

    自分のPCも先日故障しました。
    オンチなので専門家呼びました。(笑)

    • 実は4月にも参拝して撃沈したんですよね。
      まあ、今回一応見る事は出来たので、これで満足です。

      PCはグーグル先生に聞きながら色々やってますが、未だ復旧しません。
      こりゃ修理に出すしかないのか、って感じです。

タイトルとURLをコピーしました