二渡神社

二渡神社

群馬県桐生市の二渡神社に参拝しました。

二渡神社鳥居
二渡神社拝殿

お参りを済ませ、裏へ廻ると。。。ガラス窓でした。

二渡神社本殿覆屋

でも、割りと上手く撮れました。

二渡神社御本殿右面

どうやら天宇受売命(あめのうずめのみこと)の様です。その隣に彫られている人は鼻風船で居眠りしている様に見えますね。

天宇受売命

右側から見た限りでは背面には窓が無いなぁ、と思ったのですが、背面に廻ると穴が開いていたので、そこから失礼して。。。

御本殿背面

背面胴羽目は天照大御神(あまてらすおおみかみ)と天手力男神(あめのたぢからおのかみ)と常世長鳴鶏(とこよのながなきどり)。

天岩戸

左面に回ります。

御本殿左面

こちらには八咫鏡(やたかがみ)を持った布刀玉命(ふとたまのみこと)と天児屋命(あめのこやねのみこと)です。笛を吹いているのは誰だかは分かりませんが、鼓笛隊の一人だと思います。

天児屋命 布刀玉命

という事で胴羽目三面で天岩戸という趣向でしょう。

肉眼では暗くて良く見えなかったのですが、その場で写真を確認すると妻飾りに力神さまがいる事に気付きました。

戻って反対側もパシャり。ガラス窓はカメラを斜めにすると背景が写り込んでしまうし、中は暗いし、ガラスが汚れてるし。なので残念ながらこの画質です。

力神

穴が開いていると覗きたくなるのは人間の本能の様なものかも知れませんが、私は穴を覗くと中から目を突かれるのではないか、と思ってしまって、どうしても覗けません。

そんな訳ないってのは分かってます。ただの強迫観念だという事は理解しています。

本当は覗きたいんです。でも出来ません。

なのでカメラをあてがって確認します。

刺青師・龍元

106