損傷が激しい [天満宮] 栃木県

天満宮社殿造営記念奉額 栃木県
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の手彫りの技術の継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和二年三月吉日、栃木県佐野市の天満宮に参拝しました。

天満宮鳥居

山を背になかなか良い雰囲気です。東向き。

天満宮社殿

拝殿もそうでしたが、御本殿はあっさりとした作り。年季が入ってます。

天満宮御本殿

右面胴羽目は鷹と猿。

鷲と猿

背面胴羽目には鉈を持った武人。その後ろには中国の役人風の人が二人。大分、傷みが激しいです。

不明

左面胴羽目は人物が三人。遠近法を無視した芸術的表現なのか、右側の人が大きい人なのか、あまり大きい彫り物に慣れてない人が彫ったのか。

不明

遠景。

天満宮遠景

古い神社でしたが、全体的に泥汚れがひどく、特に背面の傷みが激しいです。背後の山から雨水泥水が吹き込むのでしょうか。

刺青師・龍元

053(2020.04.01)

コメント

タイトルとURLをコピーしました