頑丈な金網に守られた御本殿 [舎人諏訪神社] 東京都

舎人諏訪神社向拝 神社仏閣

彫師歴二十余年。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本伝統刺青・和彫りとは古来より連綿と日本に伝わる生きた芸術です。伝統を受け継ぎ、研鑽し、さらに発展させて後世に伝えていく事を目標にしています。古来伝統の手法である手彫りの刺青に興味を持っていただければ幸いです。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和二年十一月、東京都足立区の舎人とねり諏訪神社に参拝しました。

舎人諏訪神社鳥居

舎人と書いてトネリとはかなりの難読地名ですね。30年以上前、近くの運送屋で働いていた事がありますが、この神社は知りませんでした。

舎人諏訪神社拝殿

御由緒

創建年代不詳
天保七年(1836)本殿建立
御祭神 建御名方命たけみなかたのみこと


舎人諏訪神社

近隣の舎人氷川神社もそうでしたが、公園内に鎮座するためか、とても頑丈な網です。これならボールが当たっても平気。

舎人諏訪神社御本殿

御本殿右面。胴羽目は鹿と座る老人。

舎人諏訪神社御本殿

道光列仙傳を見ると、鹿仙人には雷隠翁・魏白陽・靑鳥公など何人もいますが、これは雷隠翁らいいんおうが図象的には一番近いと思います。

鹿仙人

支那の仙なり、名に本、幼にして羅落自ら修めす、長して進士の試験に應ぜしが第せす、途に出遊して婦らす、後年人の分が羅浮山上樹下に坐して、佳々木々三十年、更無踪跡落人間、功成行満昇天去、回首山頭月正園と吟ぜしを見たりといふ、その自鹿を件とするの日に蓋人の屋々書く所なり。(『画題辞典』斎藤隆三)

背面胴羽目は松の木に鶴と亀。

鶴亀

左面胴羽目は梅と人物。

舎人諏訪神社御本殿

ここが天満宮ならこれは菅原道眞という事にするんですが。。。童子が硯で墨を磨っているので、書で有名だった張旭ちょうきょくかもしれません。道眞も書に優れた人だったみたいですけど。。。

梅仙人
舎人諏訪神社御本殿

素晴らしい彫り物でした。

刺青師・龍元

264(2020.11.21)

コメント

  1. onijii より:

    onijiiです。
    マラソン大会に行く時に舎人ライナーに乗った
    ので読めます。普通は読めませんよね。

    最初の頃は古臭い変な顔だと思っていたのですが、
    最近は味があるいい顔だと思うようになりました。
    穏やかな表情してますね。

    • 龍元 より:

      ああ、今は舎人ライナーがありますね!それなら割と読める人はいるかも。

      仙人や仏様の柔和な顔は、勇ましい顔より彫るのが難しいんでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました