義経

手彫り刺青作品

仕上がりました! [亡霊知盛 船弁慶より] 肩額七分袖

弁慶・静御前 など忠実な従者と共に心細い流浪の旅を続ける 義経主従。船で西国に向かう途中、にわかに海が荒れ、一行に襲いかかって来たのは、滅ぼした平知盛ら平家一門の亡霊だった。
武者絵

刺青図柄の意味 五条大橋 源牛若丸義経と武蔵坊弁慶の出逢い

刀千本狩りの目標を立てた弁慶でしたが、鞍馬天狗の秘伝を授かった義経に五条大橋で翻弄されます。
武者絵

刺青図柄の意味 鬼若丸の化け鯉退治

武蔵坊弁慶 幼少時代の鬼若丸。稚児として預けられた比叡山延暦寺でも暴れまわります。
武者絵

刺青図柄の意味 平知盛

「平家に非ざれば人に非ず」と謳われ貴族化して没落していく平家にあって、平家最後の武将と言われ、最期まで武士の矜持を貫いた中納言知盛について。
武者絵

刺青図柄の意味 船弁慶

頼朝に謀反の疑いをかけられ放浪の旅に出る義経・弁慶一行の説話に取材した「船弁慶」です。
刺青図柄解説

刺青図柄の意味 静御前 「白拍子」

悲劇の英雄 源義経の愛妾 静御前の話です。
神社仏閣

白旗神社

神奈川県藤沢市の白旗神社を訪ねました。源義経が祀られています。
手彫り刺青作品

刺青図柄の意味 武蔵坊弁慶

悲劇の英雄・義経に最後まで従った忠実な郎党・武蔵坊弁慶の解説です。
武者絵

刺青図柄の意味 牛若丸

源九郎義経 幼名 牛若丸の図柄解説。
タイトルとURLをコピーしました